1573 川向こうのカフェまで・・・

DSC_2567~2~2
たまには、こんなクルマでコトコト 走って行くのも楽しいと思わないかい。フロントグラスなんて、まるで60年代のSFに出てくる宇宙船も嫉妬するほど美しいカーブだよ。これでデートに誘ったら、よろこんでくれるかな?OKならこのクルマに似合うファッションで☺☺☺。
カテゴリー: きみに。, ラブレター, 旅・ドライブ パーマリンク

1573 川向こうのカフェまで・・・ への19件のフィードバック

  1. Aquileana より:

    Awesome 😎 Happy weekend to you! Aquileana ~ ⭐ ~

    • asobo より:

      Isn’t it cute like a toy spaceship?
      The season of cherry blossoms will come soon
      in Tokyo. I’m going to show you beautiful
      cherry blossoms on my blog.
      Please look forward to it?

  2. koyuki より:

    カラーもラインもステキ!お洒落ですね!
    実は納車待ちのkoyukiでーす\(^o^)/
    たかが軽ですが・・・(*゚∀゚*)エエヤン!!
    小回りきいて車高が高いのがお気に入りなんです♪
    もう2か月も待ってますが、春風と一緒に車が来るのが
    楽しみです(o^—^)ノ

    • asobo より:

      koyukiさん、おはよ~っ🌅
      小回りが利いて、カラーリングも可愛くて
      これだと、買い物だとちょっとしたお出かけも楽しくなります。
      これはとても古い車だけど、ヨーロッパの都市では、いまスマートという、とても小さなクルマが売れています。一度ダメになりかけていたけど、パリのように駐車場の少ない都会で、小さなスペースに駐車しやすいということで、お金持ちの女性の足代わりにいま見直されてきているのです。
      日本の軽より小さな二人乗り。
      koyukiさんの新しいクルマ、早くやってくるといいですね。

  3. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ こんばんは^^
    可愛らしいデザインの車ですね^^
    今の車はカッコいい物が多いけど
    一昔前の車はお洒落さが際立っていましたよね^^
    これに乗ってドライブ?
    周りの目を引きそうですね~♪

    • asobo より:

      ❤ちえたん、おはよ~っ🌅
      かわいいでしょう。ぼくは子供のころは映画の中で見たヨーロッパのクルマに惹かれ、大人になったらあんなクルマに乗りたいと思ったものです。
      いまの車のシャシーにかつてあこがれていたクルマのボディを載せてほしいとよく思います。
      いま乗っているのは、ボンネットにある二つのやさしいふくらみが、子供のころ本で見てあこがれた名車のイメージを復活させてデザインされています。
      ぼくががクルマに乗るのは、フライフィッシングをしに渓流に行くのと、街を離れて旅に出る時。都内ではほとんど乗りません。あ、四国に帰る時もクルマです。ひとりであちこち寄り道しながら帰るのです。
      そうだ、ちえたん地方のクルマ屋さん、最近デザインがとてもいいですね。

  4. abend より:

    こんにちは。
    昔ワーゲンに乗るのが夢でした。
    とてもかわいいからです。

    • asobo より:

      abendさん、こんにちは🌞
      可愛いですよね。同じ中身で
      ちょっとクーペっぽくデザインしたボディをのっけた
      カルマンギアもすてきでしたね。abendさんは
      ビートルも似合いそうだけど、カルマンギアのほうが都会ぽくてあってるかも。
      というのは、ぼくの勝手なイメージです。
      写真のクルマは日本の軽の半分くらいのサイズ。スマートと同じくらいかなぁ。
      古いから乗るのは大変だろうけど、パリの金持ちの奥様方は、買い物用にさっそうとスマートに乗っているみたい。東京でも時々みかけます。
      都会では駐車場探しが大変だから、スマートのサイズが便利ですよね。
      軽の駐車スペースに二台が駐車できるんじゃないかなぁ。

  5. paprica より:

    So charming!!! 丸みをおびた昔のデザインには愛らしさがたっぷり。ポップな色合いも目を引くよね~
    うん、お弁当持ってことこと走ってピクニックしに行こう~!隣り合わせには座れないのかな。Gusならasoboさんの隣に座らせてもらえるかなー。

    • asobo より:

      papricaさん、おはよ~っ🌅
      こういうクルマでの川沿いのドライブ、ステキでしょう。
      哲学犬のGusは僕の膝の上。宇宙船みたいに丸くて大きな窓から青空を見上げて、彼は何を考えるでしょうね。彼にはたっぷりの人参を・・・ふふふ、弁当にメロンパンまがいの不思議なパンは持ち込み禁止ですからね。
      雨の少ないアメリカ西海岸のには、カリフォルニアコンディションといわれる状態のいい古いクルマが多い。ぼくは10年くらい前だったか、60年代のアルファロメオ、それもオープンのを見つけて恋したことがあります。でも、高価すぎて手が出ない。何度もショールームに足を運びました。彼女のモデル名はジュリエッタ。せつない恋を予感させる名前でした 😢😢😢

      • paprica より:

        アルファロメオ!! 大好き〜〜っ!!!

        • asobo より:

          papricaさん、おはよ~っ🌅
          アルファロメオ、いいよね。古いアルファなら色はイタリアンレッド。
          グリーンの四葉のクローバも絶対のお約束だよね。
          子供のころにイタリア映画を見て、いつかはアルファにという夢を描いたけど、まだかなえられていない。
          イタリアにはほしいクルマがいっぱいあるんだ。特に古いクルマはセクシー。
          山中湖の近くにあったアバルト美術館は素晴らしいイタリアのクルマの宝庫だったっけど、閉館してひさしい。建物もイタリアの人がデザインしておしゃれだったんだよ。

  6. 一匹狼 より:

    こんばんは^_^

    可愛くてオシャレなフォルクスワーゲンですね🎵

    • asobo より:

      一匹狼さん、おはよ~っ🌅
      かわいいでしょう。ドイツをはじめとするヨーロッパや対岸のイギリスでは、戦後こういう可愛クルマがいくつもつくられました。ただ、フォルクスワーゲンがこんなのを作っていたとは、これを見るまで知りませんでした。
      見た途端、ほしいと思ったけど、残念ながら非売品でした。
      ヨーロッパではこういうクルマの集会が時々あるみたいで、その時の模様を紹介した雑誌の特集記事にもフォルクスワーゲンのは一台もなかった。
      50年代60年代のヨーロッパのクルマは、曲線のきれいなクルマが多く、とてもセクシーですね。でも、古い車を買うのは勇気がいりますね。

  7. Sachie より:

    この写真をじーっと見ていたら、
    映画「タイピスト」の中の女の子が浮かんできました 🙂

    • asobo より:

      Sachieさん、こんばんは(^^♪
      確かにこのカラーリングはタイピストの雰囲気ですね。
      あの映画の中で上司が乗っていたクルマもとても可愛かったですよね。
      今夜は久しぶりにタイピストを見直そうかな。 古いタイプライターのような おしゃれなデスクトップPCがあってもいいですね。
      タイピストのパンフレット、日本ではタイプライターのデザインでとても可愛かったですよ。🌠映画のパンフレット、あれは日本の発明です😊😊😊

      • Sachie より:

        映画のパンフレットが日本の発明って、知らなかった〜 🙂
        「タイピスト」の上司の人、「スパニッシュアパートメント」という映画で初めて知ったのだけれど、よく見ると色々な映画に出ていて、現実的にこういう人がいそうな気もするし、非現実的な気もするし、不思議な役者さんだなと思います。
        asoboさんに紹介してもらった「タイピスト」「最強の二人」2本とも大好きな映画です。また見たくなりました。

        • asobo より:

          Sachieさん、おはよ~っ🌅
          いまは知りたいことはすぐネットでチェックできるけど、かつては海外の映画情報をタイムリーに手に入れることができなかった。だから、洋画の配給会社は頑張ったんでしょうね。誰だったか、日本でパンフレットを見た監督だったかスターだったかが、パンフレットをもらって感激したという話を読んだことがあります。ぼくの本棚にある映画の本のどれかに描かれているけど、映画関係の本だけでも凄い数。最近はこの本ってパッと取り出すことが難しくなりました。
          タイピストに出ていた上司の友人の奥さん役の人、数年前にアカデミー賞で話題になった『アーチスト』ではヒロインでしたよね。サイレントで話もシンプルだけど、好きな映画でした。
          また、時々、映画の話も書きますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中