1782 さようなら、ディック・ブルーナさん❤

_20170224_084349世界中の子どもたちに、心やさしい友達ミッフィーを誕生させてくれたディック・ブルーナーさん。去る16日になくなられましたね。とても、悲しいニュース😢、でもミッフィーと家族と仲間たちといっしょに、ディックさんがみんなに感じて欲しかった思いは、これからもずっと生き続けることでしょう。随分前のことだけど、ぼくは世界ではじめてコンピュータを作った会社のための広告をつくったことがあります。一般用ではなく、ビジネスユースに特化したシステムだけど、「人にやさしい」というコンセプトを聞いた瞬間、ぼくの頭の中にミッフィーの絵本がひらめきました。人に対するやさしさが希薄になったと思わされるニュースが多い昨今、だからこそディックさんの訃報をぼくはとても悲しく聞きました。
広告
カテゴリー: きみに。, きょうの気分, さみしさに耐えられなくなったら。, asobo, 愛のかたち, パーマリンク

1782 さようなら、ディック・ブルーナさん❤ への4件のフィードバック

  1. abend より:

    おはようございます。
    こうしてキャラクターとして生きていくのは、愛されてる証拠ですよね。
    昨日ムーミン展に行ってきてそれも感じましたよ。

    • asobo より:

      abendさん、おはよ~さん👶🌄😊
      ミッフィーは世界中の子供たちのアイドルですよね。
      ム~ミン展に行かれたんですか、いいですね。いま、どこかでムーミンの世界に遊べるパークづくりも始まっているようですよね。
      ちなみにぼくの手帳は毎年イタリアはモレスキン社から発売されているスヌーピーの。去年のはまっかな表紙でちょっと人前では出しにくかったけど、今年の葉犬小屋の上でパイロット気分のスヌーピー。グレイの布拍子なので人目を気にせず開けます。

  2. kotoga81 より:

    何かが、終わってしまったような淋しさがありますね。我が子が幼いときに、ミッフィーの絵が描いてある立方体の箱をくるくる回して、絵を合わせるパズルをもっていました。子どもたちが大好きで、それでよく遊んでました。
    探したら、家のどっかにあるかもしれません。懐かしく思い出しました。

    • asobo より:

      kotogaさん、おはよう🌞😊🌄
      確かにそんな絵のパズルありましたね。ミッフィーを使っての広告づくりも楽しかったですよ。その時のポスターも残っているけど、ぼくの部屋には貼れないB倍のサイズです。
      そうそうオランダから送られてきたミッフィーの絵本には、とてもシックな色使いのがあって感動した記憶があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中