1699 お爺さんの犬 🐶

dsc_5164ぼくの散歩道には、お爺さんと犬が仲良く住んでいる小さな家があります。家の前には小さな畑があって、犬はお爺さんの仕事ぶりをやさしいく見守っています。お爺さんは一見怖そう、でも本当はやさしい。ぼくが時たま畑の野菜や雑草を見ていると、「それはね」って説明してくれたりします。その花、気にいったら抜いてっていいよとか…。そんな時、犬の目は、お爺さんはやさしいだろうと、ちょっと自慢気に見えます。ところが夏が始まって間もなく、お爺さんの姿が見えなくなりました。気配がまるでないのです。いつのころからか、時たまプリウスを見かけるようになりました。たぶん、お爺さんの息子さんでしょう。そうか病気で入院中なんだと、少し安心していたら、数日前の夜から小さな明かりが灯り始めました。きっと退院です。週末にお爺さんの家の前を通りすぎた時、犬が立ち上がってぼくが通り過ぎるのを、じ~っと見つめていました。待ち合わせがあったので先を急ぐぼくの背後で、犬が大き声でとてもせつなく悲しそうな声をあげました。まさか、お爺さんが亡くなった?その日は、よくないことばかり考えました。夜遅くの帰り道、小さな明かりは消えている。不安な気持ちでいたら翌日は犬がいて、明かりもついています。そして昨日、ぼくを見付けた犬が、甘えるような声で啼きました。あ~、お爺さんは元気なんだね。
🌲🌷🌳いま、お爺さんの畑は
雑草たちで活き活きしています。ふと、アンリ・ルソーの描く森のように見えて、ぼくはなんとなく嬉しい気分です。お爺さんが早く元気になりますように🐻😊🐶dsc_5159
広告
カテゴリー: きみに。, きょうの気分, さみしさに耐えられなくなったら。, asobo, 愛のかたち パーマリンク

1699 お爺さんの犬 🐶 への2件のフィードバック

  1. 昔の乙女 より:

    こんにちわ
    早くおじいさんの元気な顔が見たいわね^_^

    • asobo より:

      乙女さん、こんばんは☔
      はい、お爺さんの元気な顔が見られるように祈っています。
      でも、ぼくのいまいちばんの気がかりは、犬のことです。
      もし、お爺さんが元気にならなかったら、どうなるのかと考える日々が続いています。
      雨ばかりの天気に、気分を暗くされないように努力しています。
      近いうちに明るい報告ができるようにとおもっています。
      乙女さんの週末が気持ちよくなりますように😊🌄🐻

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中