1665 2ドルで、買った。

DSC_4362本棚を整理していたら、奥から小さな木箱が出てきた。遠い遠いある年の冬、サンフランシスコに行ったとき、隣り街のオークランドの市で買ったもの。開くと出発の数日前、迎えてくれる友だちへの手紙の下書きがあった。途中日付変更線をこえるので、ぼくは誕生日を二度迎える。だから、プレゼントは二個欲しいだなんて、とんでもない!手描きの地図には、映画「卒業」で知ったバークレイ校や蚤の市など、行きたい場所をいくつか。手紙以外にもカフェの領収書や紙ナプキンに描いたいつもの落書きも。ぼくにとってこの箱は、開くたびに楽しかった旅の思い出に出会えるタイムマシンです。それが、たった2ドルだなんて、ステキでしょう。
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1665 2ドルで、買った。 への6件のフィードバック

  1. wakasahs15th より:

    木箱も二度の誕生日もどちらも素敵です。良い思い出が詰まってますね(^_-)-☆

    • asobo より:

      wakasaさん、こんばんは🌛☆😊
      この旅の翌年もサンフランシスコの対岸にバークレーのホテルに半月くらい滞在
      ホテルと大学周辺でののどかな日々を楽しみました。
      このときは、毎日シガールームで葉巻を楽しんでいたおじいさんが持ってた木箱がほしくて
      あれこれ知恵を絞って・・・でも、ぼくの思惑に気づいていたおじいさんが
      ホテルを去る前日に、何も言わないのにそっをと手渡してくれたなんてことも。
      ぼくどうでもいいような箱についついひかれるようです。

  2. abend より:

    確かに素敵。

    • asobo より:

      abendさん、こんばんは🌛☆😊
      この箱を開けると楽しい思い出がいくつも飛び出してくるけど、
      白昼の公園でヤク中にナイフでホールドアップされたというアクシデントもありました。
      たまたまぼくひとりの時だったので、1セントも盗られることなく切り抜けました。
      旅の後半は、西海岸に行く数日前に赤坂のピッツァ屋さんでであったアメリカか来日中だったカップルに会いにロサンゼルスに行きました。こちらも楽しい旅になりました。

  3. orca より:

    ステキ!

    • asobo より:

      orcaさん、こんばんは🌛☆😊
      この箱は全体が金色。裏返すと小さくMADE IN ITALYと刻印されています。
      どういう経路でアメリカはウエストコースまでやって来たかを考えたりするのも楽しみです。
      開けるたびにいろいろ違う思い出もよみがえってきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中