1443 もうすぐ春ですね♪

◆◇ フライのスノードーム
     ぼくの好きな渓流で、フライフィッシングが解禁になるのももうすぐ。
     今夜はこのスノードームをベッドサイドおき、ヤマメやイワナとファイトしている
     夢をみます。ライトがついて釣りあげた虹鱒もいて、渓流を思わせる曲を
     オルゴールが奏でてくれるスノードームです。すてきでしょう。

カテゴリー: いい恋を。, きみに。, きょうの気分 パーマリンク

1443 もうすぐ春ですね♪ への10件のフィードバック

  1. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ おはようございます^^

    渓流釣り、いつから解禁なのかな?
    鮎の解禁は6月1日だけど、同じ頃かしら?
    暖かくなって、自然の中での釣りは気持ちいいでしょうね^^
    このスノードーム、覚えていましたよぉ~^^v
    asoboさんのお気に入りなんですね^^

    • asobo より:

      ❤ちえたん、こんにちわっ♪
      ぼくの好きな渓流は3月1日解禁です。
      夏でも冷たい水が凍りそう。早朝に渓流に入り、寒いから岩の上に立っていると、濡れた靴の底が岩に凍り付いて動けなくなることもあるほどです。
      近くの川でうまくフライラインを振る練習をしようかな。大きな川には野鳥もたくさんです。

  2. koyuki より:

    渓流釣り気持ちよさそうですね。
    釣りの経験はありませんが、熊が怖いので
    誰かのお供をして野鳥ウオッチングしたいと思います。
    こちらは氷に穴を開けてワカサギ釣りが人気ですよ。
    ヤマメの天ぷら美味しいですね(‐^▽^‐)

    • asobo より:

      koyukiさん、こんにちは♪
      渓流に行くと心が洗われるので大好きです。
      北海道には出会ってみたい魚が沢山いるようだけど
      時々熊に襲われた話を聞くと、ぼくもとてもこわいです。
      そうですね、渓流にいくといろいろな鳥に出会えます。でも、フライフィッシャーのそばにいくのはご用心。魚の代わりに釣られてしまいます。
      わかさぎ、好きです。東京に来たころからずっと好きだったラーメン屋さんでわかさぎのいりのラーメンがすきでした。帰りにワカサギのフライだけをわけてもらって帰り、家でゆっくりいただく。でも、数年前になくなったので、その楽しみはなくなりました。
      流行には関係のない、とても品のあるラーメンでした。

  3. サンディ・ピーチ より:

    asoboさんが以前紹介していた映画
    ブラッド・ピットの出ているリバー・ランズ・スル-・イットをもたときも
    フライフィッシングをやってみたくなったけど、女性でやってる人はたくさんいますか?
    また、やってみたくなりました。
    asoboさん、雪の溶けかけた道でころびませんように気をつけてくださいね。

    • asobo より:

      サンディさん、おはよう♪
      あの映画の舞台になったモンタナ、いつかいってみたいところです。
      映画の中でフライラインを美しく飛ばしていたのはスタントマンは、ブラピをもう少しクールにしたような男性です。
      はい、ぼくのフライフィッシングの友だちは、女性の方が多いくらい。渓流での時間は心のリフレッシュにも最適、お薦めです。ただ渓流には危険もあります。一緒に行ける友だちをつくられるようお薦めします。
      パソコンの調子が悪くて返事が遅れてすみません。

  4. 沈丁花 より:

    わあ、楽しい夢が見られそうですね。
    ずっと前に、フライを作る綺麗な糸など記事で見せてくださった
    ことがありますよね。^^ あんな色彩豊かな糸使うんだぁ、って
    びっくりしました。鳥の羽とか?素材集めも楽しそう。^^

    • asobo より:

      沈丁花さん、おはよ~っ♪
      はい、渓流での楽しい夢を見ましたよ♪
      フライ作りのために繊細な羽根がとれるように品種改良された鶏もいるんですよ。
      たかが鶏と思うかもしれないけど肉よりずっと高価です。クジャクとかウマとかヘラジカとか・・・動物園に行くと、あ~その毛一本ちょうだいといいたくなったりすることも。
      パソコンの調子が悪くて、返事が遅くなってごめんなさい。

  5. ○○泰男 より:

    フライは自分で作るんですか?
    わたしには出来そうもない細かな作業ですけど、、、。

    • asobo より:

      ○○泰男さん、こんにちは♪
      フライフッッシングは、渓流に行こうときめたときから 始まります。まず行く日の気象情報などをチェックして、当日に羽化するであろう 虫 を想 像。それにあわせフライを作ります。予想外がはずれることもあるから、フライは何種類もいろいろなサイズで用意しておく必要もあります。売ってもいますが、フライをつくるのも、この釣りの楽しみでもあります。へたでもそのフライで沢山つれたりすることもあります。
      フライフッッシングは、釣りと言うより魚とフッシャーとの、頭脳戦とも言えます。
      自分で作ったフライで釣ったときの感激はなんとも言えません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中