1384 ぼくの宝もの。

◆◇ ジョンのレターブック
真っ白い表紙にTHE John Lennon LETTERsの文字。そう、もうおわかりですね。
ぼくの大切な宝もののひとつが、ジョン・レノンの本。彼が幼い頃から亡くなる少し前までに
家族や友人などに出した285通の手紙が、丁寧な解説付きで紹介されています。最初の妻である
シンシアへの手紙は多くが失われているけど、わずかに残った数通を見ると、ビートルズ初期の
あの若々しい曲のルーツのようでワクワクする。ぼくもビートルズファンのガールフレンドがいたころ

彼らの曲をBGMに毎晩ラブレターを書いていて、最後の言葉はいつも ps I love youだった。
ぼくのラブレターの先生は、レノン&マッカートニーだったんだ。そして、いまも
カテゴリー: あの日。, きみに。, ビートルズが聴こえる。, ラブレター, パーマリンク

1384 ぼくの宝もの。 への16件のフィードバック

  1. フォレ より:

    こんにちは
    今も人気者ですもんねー
    やっぱ言葉や音楽で人になにかを伝えられる才能っって
    凄いですね、何年経っても色あせませんよね。

    • asobo より:

      フォレさん、こんばんは♪
      音楽っていいよね。ビートルズは後期のほうが音楽的には凄いけど
      ぼくは初期の好きって気持ちをシンプルにアピールしている曲がとても好き。
      ジョンは50~60年代のアメリカのガールズポップが好きで、初期の曲にはその影響が随所に見られるね。ジョンが歌うとあの声で平凡な曲も心に響くから不思議だよね。

  2. アクア より:

    ビートルズファンのガールフレンドさん、
    asoboさんからのたくさんのラブレターをお持ちなんですね。
    どんなラブレターだったか見てみたいな。

    • asobo より:

      アクアさん、おはよ~っ♪
      夜更かしさんなのか、早起きさんなのか、コメントを書いてもらった時間を見てびっくりしたよ。
      ビートルズファンの彼女への手紙は、ラブレターと言うより楽しいお話って感じのか多かった。だから、ps I love youが欠かせなかったのかも。

      • アクア より:

        バルセロナの女子シンクロを見るために起きていました。
        見終わってからコメントしてすぐ眠ったけど、けさはとっても眠いです。
        楽しいお話のラブレターだなんて、うらやましいです。
        ところで3匹の動物さんのイラスト、パンダさんがいるのをデスクトップの壁紙にしたいけどだめですか?壁紙以外には絶対使いません。

        • asobo より:

          アクアさん、おはよう♪
          あっ、ぼくも真夜中に目が覚めて見ました。ちょうどカナダがやってるときでした。
          ロシアと日本のは結果が出た後にリピートしていたのをいたけど、ロシアは凄かったね。日本はカナダより下だと思った。ビートルズのファンさん、いまもあの手紙を持っていてくれてるかなぁ。
          壁紙の件了解です。夜中に目が覚めたせいか、眠い♪

  3. koyuki より:

    わあ~興味深いですぅ~(@^^)/~~~
    図書館で借りて読んでみますね。

    • asobo より:

      koyukiさん、おはよ~っ♪
      koyukiさんの住む街の図書館に、この本が置いてありますように。
      ぼくの街の図書館できのう尋ねてみたら、残念ながらありませんでした。なければ本屋さんで立ち読みしてください。友人や家族以外にも、出版社や女王陛下への手紙もありますよ。
      ビートルズの4人が出し合った絵はがきを集めた本もあります。

      • koyuki より:

        asoboさんおはよ~っ(。◕‿◕。)
        昨日図書館に行ってきました!
        図書館デビューは最近なので時間のある時ゆっくりと
        探索してみようと出かけたのですがわくわくするところですね。
        残念!こちらもありませんでしたが7月の初めに発注してるので
        下旬には入ると思いますので予約して行きませんか?と係りの人がおっしゃって
        下さったので予約してきました^^。
        地元の図書館で第一号の読者になれそうですよ♪

        • asobo より:

          koyukiさん、こんにちは♪
          うわ~っ、ステキな図書館ですね。
          koyukiさんの街の図書館には、本のことをよく知ってる
          いい図書館員さんがいるんですね。うらやましいです。

  4. paprica より:

    いいね~。普通郵便そのものが減ってしまって、メールやデジタルばかりの時代には特に、「お手紙」の質感や文字に暖かさや新鮮さを感じるよね~。Nick BantockのGriffin&Sabinaの本も思い出してしまった。
    このJohn Lennonの本は、iPadのアプリにもなっているんだよー♪ asoboさんのラブレターの先生かぁ。素敵だね。文章だけでなくて、きっとasoboさん作の挿絵が入っているものもあるのだろうな。 「今も♪」ラブレターを受け取っている「君」がいるんだね♪

    • asobo より:

      papricaさん、おはよ~っ♪
      紙のメディアにペンで書いた手紙には、デジタルでは表現できない温もりがありますよね。
      海外には手紙を集めた本がたくさんあるでしょう。日本にもステキな手紙を集めた本があります。こんど紹介します。
      ぼくもブログで使った写真や絵でつくったハガキ(ラブレター)が数百通があるけど、その中のいくつをエンピツで言葉を添えられる紙にして、もっと温もりのあるモノにしたいと考えています。

  5. pine より:

    私も読んでみたくなって帰りに本やさんに寄ってみたら
    とても分厚くて大きい本なんですね。それにとても高価で目が点になりました。
    きょうはシンシアへの立ち読みしていまさっき帰ってきたところです。

    • asobo より:

      pineさん、おはよ~っ♪
      素晴らしい本だけど、情報量を欲張ると
      どうしても分厚くて大きなサイズになるのは仕方ないんだろうな。
      そうなると当然高価になってしまいますね。シンシアはジョンがヨーコの元に行ってしまったので、たくさんあった手紙を廃棄したようで・・・だからといってシンシアの気持ちを考えると仕方ありませんね。

  6. ちえみ より:

    大切な宝物ですね(*^_^*)
    いつか誰かに宛てたラブレター書いてみようかなぁ~

    • asobo より:

      ちえみさん、おはよ~っ♪
      ビートルズ関係では、4人のメンバーが互いに出し合った絵はがきを集めた本もあります。
      日本の方の手紙を紹介したとてもステキな本もあります。家族でフランスに移住したADが日本の友人に楽しい絵入りで送った手紙を集めた本もいつかじっくり紹介したいと思っています。
      ちえみさんの書くラブレターは、きっとやさしい詩で綴られているんだろうな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中