1351 村上春樹の新作

◆◇◆村上春樹・新刊
今回も、発売前にわかったのは長いタイトルだけ。それを手がかりに、あれこれ内容を推理するのも
ぼくの村上作品を読む楽しみのひとつです。でも、いつも的外れ。こんどのは主人公がアルビノかなぁなんて・・・。
でも、読み始めてすぐ違うとわかってしまった。読み始めて、色の使い方がポール・オースターの幽霊たちや
タランティーノのレザボアドッグスに似ている、この本のおかげでリストの
CDが売れそうだなぁと思った。
いつもは一気に読んでしまうけど、今回は所用がいろいろあって、まだ、やっと2/3にくらいまで。
たぶん今夜には読み終わりそう。ページをめくるたびに次の展開が気になって、めくるスピードが加速中です。
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1351 村上春樹の新作 への14件のフィードバック

  1. ちえみ より:

    こんにちは~(^o^)/
    読むの早いですね~
    文章から文字から色を想像できるってことですね。
    桜の押し花はasoboさんの手作りですか?素敵ですね(*^_^*)

    • asobo より:

      ちえみさん、こんばんは♪
      ぼくとしては今回はどちらかというと、スローペースでした。なかなか読む時間が作れなかったんです。
      桜の押し花は散歩中に手帳に挟んでおいた今年の桜。僕のささやかな悪戯 です。
      桜前線を追いかけて北に旅したい気分です。

  2. amabile より:

    もう読み終えて村上春樹ワールドの余韻に浸ってられるかな?^^
    >リストのCDが売れそうだなぁ・・・ に反応してしまいました♪ タイトルもおもしろいですね。
    桜の押し花、色の褪色もなくとっても綺麗に出来てますね(*^^)v

    • asobo より:

      amabileさん、おはよ~♪
      雑用に追われて、あと1/3くらい残っているけど、
      たぶん今日中には読み終えると思います。
      村上作品にはよく音楽の話が出てくるけど、今回はリストの曲がたぶん読者の興味をひくことになるでしょう。桜の花びらはこの春のもの。散歩も途中で、毎年手帳にはさんでいます。

  3. paprica より:

    村上春樹の作品は好きで、全部読んだよ。ねじまき鳥は、英語と日本語で読んで比べたりしたっけ。彼の描く独特な世界には、私がときどき見る夢と似ている部分があって、変な気分です。
    この新作のニュースはこちらでも流れてたよ! いいなぁ〜、Asoboさん、もう読んだんだね。
    彼の作品の中で紹介される音楽や文学やお料理、気になるよねぇ〜。
    ああ〜〜、よみた〜〜〜い!!

    • asobo より:

      papricaさん、おはよ~っ♪
      あっ、ぼくも、村上の描く世界に似た体験をしたことが何度かある。
      今回の本にも驚くほどよくにた話が出てくるけど、それはpapricaさんが読んでから聞いてもらおう。
      1Q84ではヒロインに恋をして、カフカでは図書館に惹かれたし・・・村上作品のレシピ集のお世話にもなってるし・・・あまり書いてると新作のネタバレになるようなことを書きそうになるので、けさはこの辺で。

  4. mito より:

    私は遅読なので、村上春樹の個性的な文章を読むのはかなり遅いです。(笑)
    若い頃に読んだ「ノルウェイの森」はさっぱり分からなかったですし。。。(爆)
    それでも「1Q84」を読んで、「ノルウェイの森」を再読したいなぁ~と思いつつ。。。実現してませんが、新作も気になるところです。
    もっと早く読めたら、たくさん読みたい本があるのになぁ~と速読できる人がうらやましいです。

    • asobo より:

      mitoさん、おはようございます。
      ゆっくり読むのはいいことだと思います。今回のぼくは、雑用に追われて
      まだ2/3くらいしか読んでいません。
      「ノルウェイの森」、ぼくは好き、そのぶん映画が最悪だったのが残念です。
      村上の新しい本が出ると聴いたとき、1Q84の続編を期待したけど、違っていたのがちょっと淋しかった。あのヒロインに恋をしていたんです。

  5. kotoga81 より:

    桜の花を押し花にして、何気にあしらったあたり、さすが!!
    ぴったりですね
    村上春樹さんの作品は、読んだことないんです。一つぐらい読んでみようかな?
    ミステリーなんですか?

    • asobo より:

      kotogaさん、こんばんは♪
      桜がないと何とも寂しくて、ちょっと悪戯したんです。
      村上作品、ぜひ読んでみてください。前作の『1Q84』も良かったけど、はじめてよむなら『海辺のカフカ』をおすすめします。物語の大半が高松を舞台に展開するのです。近いから土地勘があっていいでしょう。ミステリーの要素もあるけど、そういったジャンルでくくれないのが村上です。

  6. フォレ より:

    こんばんは~~
    もの凄いニュースしてましたね~
    村上春樹さん好きな方は本当待ち遠しかったでしょうね^^

    • asobo より:

      フォレさん、こんばんわ~っ♪
      11日の夜には代官山のおとな蔦谷にも行列ができたとか。
      12日になった瞬間には歓声が起きたともききました。ぼくらもいけばよかったねなんて村上ファンとはなしていたんだ。あのあたりは、おいしいお店もあるからね。
      本当は1Q84の続編を書いて欲しかったなぁというのがぼくの思いです
      あの続編は、もうないのかなぁ。

  7. サンディ・ピーチ より:

    びっくりした~っ!
    私も発売日に買ったけど、扉のページに桜の花なんてないよ~っと思ってよく見たら
    asoboさんのいたずらですね。
    本、いま半分くらい読んでいます。昼間、本屋さんでポール・オースターの本を立ち読みしてなるほどと思いました。読み終わってから、お話しできたら楽しそう。

    • asobo より:

      サンディ・ビーチさん、お久しぶり。
      オフ会でのことなど、元気な様子、うわさ話で聴きました。
      はい、ひとりでも悪戯にひっかかったひとがいて、ちょっとうきうきしています。
      レザボア・ドッグもオースターの影響があるようですよ。映画を見た帰りにカフェやビストロで映画の話をするように、楽しく話ができたら楽しいだろうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中