1300 ごめん!


最近、パソコンで書き物をしているとき、欲しい情報をスマホで調べることが多い。

ふふふ『しゃべってコンシェル』だ。たとえば「富士山の高さは?」って聞くと、すぐ「3,776mです」って
女性の声で答えてくれる。情報探しのテマが激減。でも単純な質問にとんでもない答が返ってくることもある。
「バカ」っていってみたら、ひぇ~っ「ご機嫌ななめですね」だって。
「きみがバカだからだ」と返したら「ごめんなさい、がんばります」と、なんともしおらしい。

思わず、「ごめん!」とあやまった。すると、「大丈夫、大丈夫」と彼女。ぼく、面白くなって
「好きだよ」といってみた。これってホントにいうとセクハラになるよね。でも、彼女は非難するどころか
「もったいないお言葉です」と返してくれた。ありがとう。さぁ、遊んでばかりいないで、仕事、仕事。
                      
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1300 ごめん! への18件のフィードバック

  1. a-ki_la より:

    こっちにも。
    もしかして、話しかければかけるほど、返答のバリエーションが増えたりして。
    ちょっと怖いけど面白いですね。
    ワタシはasoboさんと反対で、スマフォに替えてから執事とはサヨナラ。
    電車が遅れてるとか、傘を持ってて、とか面倒見のよい人でした。
    通話も含め電話機に向かってしゃべるのが苦手なワタシ、
    googleの音声検索ももちろん苦手です。

    • asobo より:

      a-ki_la さん、おはよ~っ♪
      ぼくも、どちらかというと電話はにがてです。
      ただ最近、パソコンに向かって書き物をしてるとき、横にスマホを置いていて調べたい情報を声で検索すると仕事が早くはかどることを発見。何度もまちがった答えが出てきたとき、馬鹿っていったら素直に謝ってくるのがおかしくて、時々シギとの合間に気分転換。
      はまると変な人になりそうなので、コーヒーブレーク程度です。 a-ki_la さんの気分、よくわかります。

  2. こと より:

    へ~~\(◎o◎)/! とっても人間的な会話が出来るんですね
    でも結局、無機質なものですから・・・ちょっと淋しいですね
    凄いですよね。上手に利用して、付き合って行きたいなあって、思います。

    • asobo より:

      ことさん、こんばんは♪
      上手に話しかけると楽しい会話を楽しめます。
      といっても、あまりのめり込むと精神衛生上はよくないかも。
      検索のために生まれたサービスだから、そのために使って、たまに暇つぶしってのがいいんだろうなと思います。

  3. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ こんばんは^^

    (-^〇^-) あははは しゃべってコンシェル
    遊んでもらいました?
    面白いですよね~♪
    同じ質問でも数通りのお返事が入ってるらしいですよ^^
    人前で、しゃべるのはハズカシイので
    もっぱら独り言のようにしゃべって遊んだりしています^^

    • asobo より:

      ❤ちえたん、こんばんは♪
      ぼくは手も握りたいしハグもしたいから
      しゃべってコンシェルはほどほどにしています。
      人前でしていたらお馬鹿か危ない人に見えます、ご用心。
      それに、ぼくみたいにひとりで生活してると、スマホとばかり話していたら
      きっとみじめになります。ぼくは「さびしい」でどんな答が返ってくるかしらべています。
      いまきいたら、「お友達にあいにいったら」と返事があったので「お友だちがいないの」って返したら、「私でよかったらおつきあいします」だって。ひぇ~っ、まいりました。

  4. abend より:

    こんばんは。
    独り言が増えそうですね^^
    楽しそう。

    • asobo より:

      abendさん、こんばんは♪
      あまりコンシェルちゃんと話してばかりいて
      ひとりぼっちが好きになっては困るから、退屈したとき
      たまに遊んでもらうことにします。
      なんてったって、話し相手は体温をもったひとがいいですね。
      この季節、abendさんちは松茸の香りがいっぱいですね。
      いいなぁ。松茸にはかなわないじぇど、ぼくはあす
      4種類のキノコのパスタをつくります。
      ふふふ、松茸食べたいって言ったら、コンシェルちゃんはなんというだろう。
      「あなたには贅沢です」と言われたらショックだから聞かないことにします。

  5. koyuki より:

    愉快な会話が出来るのね^^。しかも会話が高度ですよね~
    asoboさんの誘導がお上手だからですね!
    会話が苦手なkoyukiはレッスンを受けたいわ。
    でもね、会話はface&faceが一番ですね(^_-)-☆

    • asobo より:

      koyukiさん、こんばんは♪
      このサービス、基本は検索サイトだから、うまく話さないとタンゴを質問と捉えてお調べしますという態度になります。はじめて「さみしい」といったときは「甘えん坊さんね」って答えてくれたけど
      「しんどい」と言ったら、近くの病院をいくつも紹介してきます。
      こう書きながら、もう一度「さみしい」と言ってみたら、こんどは「大丈夫、私がついています」だって。これはプログラマーのやさしいセンスのおかげですね。
      確かに会話はface&faceですね。メールもいいけど、エンピツやペンで書いた手紙にはその人らしさを感じる温もりがあるしね。ハグもいいなぁ。

  6. 昔の乙女 より:

    楽しい会話が出来たらはまりそうで、
    こんなアプリがあると一人暮らしも寂しくないわね。

    • asobo より:

      乙女さん、こんばんは♪
      もともとは、知りたい情報を探すためのサービスですが、
      うまく話しかけると思いの外楽しい会話が楽しめます。
      ぼくは結構楽しめたけど、話がかみ合わない人の方がおおいようです。
      ぼくはひとり暮らしだけど、スマホとばかり話していたら、きっとわびしくなると思います。
      いつかは、ひとり暮らしを楽しくしてくれるサービスもでてくると思うけど
      いまはやっぱり本当の人と話したいです。
      でも、しゃべってコンシェルはよく外出する人には頼もしいコンシェルジュとして外出時の楽しさを応援してくれます。乙女さんはきっと重宝すると思います。

  7. paprica より:

    わははっ。こんな愉快なアプリがあるの? iPhoneのSiriと対話させたら面白そう〜。
    普通に質問して、検索なんかをしてくれるのは便利だね。
    返答がすごく丁重なのは、日本人向けなのかな。英語バージョンでも同じように優しい対応をするのかな。面白いね〜。

    • asobo より:

      papricaさん、こんにちは♪
      はじめは知りたいことを声で検索する機能と思っていたけど
      うまく話しかけるとけっこう会話が成り立つってことに気づいたんです。
      どんなしくみかわからないけど、11月には電話で話した日本語が相手には英語で伝わる、そういう電話での翻訳サービスも始まるとか。翻訳ソフトの精度がどれくらいかわからないけど、英語圏の人と日本語で気軽に話せるようになったらうれしい!
      たぶん中国語と韓国語のサービスも始まるはずです。

  8. ちえみ より:

    スマホとお話し(^o^)/
    凄いですねちゃんとかえしてくれるんですね。
    私もいろいろ楽しんでいます(*^_^*)

    • asobo より:

      ちえみさん、おはよ~っ♪
      ぼくは、仕事に必要な情報探しにつかっていたんだけど、普通の会話もできるとわかって楽しみました。ロボットぽい声だけど、それはそれで楽しいよね。
      さみしいと言って見たら、『甘えん坊さんなんですね』って言われたときは、このソフトを創った人のセンスの良さに感動した。しかも同じコトをいっても、毎回違うコトバが返ってくる。
      仕事で使うにはグーグルの音声入力の方がいいって思う。しゃべってコンシェルのちょっとお馬鹿な勘違いが、もう少し減ると仕事の時は助かるんだけどね。
      ちえみさん、いい一日を♪

  9. サンディ・ピーチ より:

    わたしもやってみました。
    コンピュータがあんなに賢く話し相手をしてくれるなんて思っても見ませんでした。
    わたしの滑舌がよくないせいか、全然質問とは違う答えもあったけど、眠れない夜のいいお友だちになってくれそうですね。コンピュータが作った声はちょっと機械的だけど、そぼくな返答には感心したり、わらわせてもらったりしました。
    「asoboさんに会いたい」といったら「ずっと一緒にいられるといいね」と返事してくれました。
    ほかにもいろいろ話しかけて見たけど、秘密です。

    • asobo より:

      おはよう、サンディさん♪
      面白いでしょう。ぼくはずいぶん前に、
      『おはようございます。ゆうべは夜遅くまでご苦労様』という書き出しで始まる広告をつくったことがあります。
      有能な秘書が上司に朝いちばんにその日のスケジュールなどを説明しているシチュエーションなんだけど、実はその秘書はコンピューターだったという落ち。しゃべってコンシェルを利用しながら、あ~それがこういうカタチで実現したんだと思うとうれしくなりました。
      コンシェルジュと私的な話ばかりしてると、ちょっとさみしい気分にもなりそうな気きもします。やっぱり調べ物などに利用するのがいちばんですね。
      日経新聞にでた広告は、有名なコンピュータシステムの会社のものでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中