1240 船に乗って


きみと世界の海を旅したい。港港でおいしいものを食べたり、ぼくの好きな灯台を訪ねたりしながら。
広告
カテゴリー: きみに。, きょうの気分, ラブレター パーマリンク

1240 船に乗って への14件のフィードバック

  1. 7sakura7 より:

    世界一周船の旅は、夢のまた夢です。時間とお金に余裕が無ければ無理ですものね(~_~;)
    ブロ友さんで、船長さんがいらっしゃいますが羨ましいと思う反面、常に死と隣り合わせの
    厳しいお仕事で大変だと思います。船から望む水平線に沈む夕日や、朝陽は格別ですね!

    • asobo より:

      sakuraさん、こんにちは♪
      船はクラスがあるから、できれば上のクラスで旅したいですね。
      といっても数億円の宝くじが2~3回当たったらいえることですが。
      カリブ海の港でカリブクルーズの豪華客船を見たけど海に浮かぶ豪華ホテルって感じで圧倒されました。でも、船旅をするなら、ぼくはクラシックな客船がいいですね。
      海で見る水平線はいいですね。
      いつかどこかの海に浮かぶ豪華客船で、偶然であったら楽しいだろうな。

  2. ちえみ より:

    ゆっくりゆっくり船の旅よいですね。
    いつもオシャレなフォトと文章、素敵だなぁ~っと思います(*^_^*)

    • asobo より:

      ちえみさん、久しぶりのコメントをありがとう。
      最近はあまりコメントを書いてないけど、いつも見させてもらっていたよ。
      シンプルで素直なことばにとてもリアリティがあるので、どうコメントを書けばいいんだろうなんて・・・考えすぎだったかなぁ。
      これからは、また、コメントを書かせてもらいます。
      船の旅、いいよね。ぼくは子供の頃冬になると母に連れられて観光船で九州に行ってた。
      四国から東京に行くときは、よく松山から船に乗り、まず神戸か大阪の天保山をめざした。夜甲板に寝そべって空を見てると☆がとてもきれい。だから時間はかかるけど夜の観光船に乗ってた。
      ふふふ、ガチャピンを見るといまでも、ついニンマリしてしまうよ。

  3. koyuki より:

    船を見るのが大好き。
    乗るのも・・・酔い止めを飲めば大丈夫^^。
    よく日本丸、海洋丸など北海道に実習に来た帆船を港に見に行きました。
    豪華客船のクルーズはちょっと苦手かな?
    小さな島めぐりが似合ってるかも。

    • asobo より:

      koyukiさん、こんばんは♪
      帆船はロマンチックですよね。ぼくがはじめて見た帆船は、小3か小4の時ぼくの街の港にきた日本丸、次に見たのは海王丸です。豪華客船は航行の時神戸港でアメリカのをみました。
      客船は最新デザインのものではなく、ホテルで言えばジョンレノンが愛した箱根の富士屋ホテルや軽井沢の万平ホテルのようなクラシックなのがいいですね。英国の初代のクイーンメリー号はシックなたたずまいに胸を打たれました。日本に寄港しているのを、仕事でレストランと厨房を取材しに行ったんです。最新のはゲームセンターみたいで、好みではありません。

  4. こと より:

    豪華客船ですね 船で世界を旅する。。。
    asboさんなら、叶えられそう気がします。

    偶然だけど、この前山の中の木造船を見てきたところです。

    • asobo より:

      ことさん、こんにちは♪
      船での世界の旅、行けるといいけどどうかなぁ。
      最近の海外航路の客船はアミューズメントパークみたいで、疲れそう。
      ゆったりのどかな船旅ができるのかなぁ。カリブ海で巨大な豪華客船を見たけど、カタチも巨大なホテルって感じで圧倒されました。ああいう船での旅は一週間カリブクルーズって感じでいいな。長旅は、デッキでひなたぼっこをしたり本を読んだりってのがいいです。
      山の中の木造船?いったいどんなのだろう。ぼくの父はモーターボートを持ってました。プラスチックのは絶対イヤだといって木造のモーターボート。ぼくも、もしモーターボートが持てるなら木造がいいな。

  5. サンディ・ピーチ より:

    船が停まらない町にいけないのが残念。もう少し長く滞在したい街が会ったら少し心残りかもですね。

    • asobo より:

      サンディさん、こんにちは♪
      豪華客船の旅は電車みたいに各駅停車じゃないからね。街どころか寄港しない国だってある。
      でも、世界一周をするミリオネアたちは、気に入った街には船が出航しても滞在して、あとは飛行機で次の寄港地に行ったりするらしいよ。その間も船の部屋は借りたまま。長い船旅だと洋服だってたくさんあるからね。
      そういうスタイルの船旅をしようとすると、宝くじがあたってもなかなかいけないね。
      でも、それでも、やっぱり夢はみたいな。

  6. pine より:

    クラシックでおしゃれな船ですね。こういうのを見ていると夢がどんどんふくらみますね。

    • asobo より:

      こんにちは、pineさん♪
      最近の客船は巨大なアミューズメント施設みたいでそれはそれですてきだけど、ぼくはどちらかというとクラシックな客船がいいですね。
      以前、古いクイーンメリー号を取材したことがあるけど、シックなクラシックホテルのようなたたずまいがなんともいえず素敵でした。でも豪華客船での旅は高価だから、きっと夢で終わるでしょう。

  7. 沈丁花 より:

    すてきな記事。そしてすてきな夢ですね♪
    ぜひ、asoboさんの夢が叶いますように。
    いや、きっと叶えてくださいね♪
    どこの灯台に一番行ってごらんになられたいですか?^^

    • asobo より:

      沈丁花さん、こんにちわ♪
      ここのところちょっと熱がでて、コメントへの返事をさぼっていました。ごめんなさい。
      行って見たい灯台はたくさんあって、なかなかどこってきめられません。
      海だけではなくアメリカとカナダの国境沿いにある五大湖にも灯台があるようなので、そういうところもみてみたいですね。
      映画「フォッグ」で主人公の女性が買ってFM局をやっていた灯台や「シャッターアイランド」でミステリアスに登場してきた灯台など、映画に出てきた灯台巡りもたのしいだろうなと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中