1208 思い出のスクラップブック。


海外のビールの空き缶を集めていた頃がある。実際に飲んだものもあれば、フリーマーケットで買ったものも。
中でも好きだったのがカナダのビール。美しいブルーの缶をある日スケッチ、それに短いラブストーリーをつけたのを
久しぶりに読み返していたら、すべての缶をスケッチして、一枚一枚にストーリーを添えていたら、きっと
あの頃のすてきなスクラップブックができていただろうなぁと思った。トライしてみたい気分になりかけたけど、ダメ!
その前にいま描いてるイラストを仕上げるのが先。下手でいいけど、どれも気に入らなくて迷ってる。
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1208 思い出のスクラップブック。 への10件のフィードバック

  1. koyuki より:

    ブルーのカンカン^^レトロでもなくいびつなタッチから
    優しさを感じて素敵!
    絵を描く方は視点が多方面に向いてますね。
    何時も覗いては無言になってしまうkoyukiです。
    何故って?豊かな感性のasoboさんがそうさせるのよん(笑
    カナディアンビールも度数は5%くらい?(^_-)-☆

    • asobo より:

      koyuki さん、こんばんは♪
      絵は下手だけど、描くのが好きなんです。
      絵と言うより落書きといった方がいいかも。へたなりに楽しんでいます。
      せっかくきていただいたのなら、きたよ!のひと言でもいいです。ぺたっ!って足音を文字で残してもらってもうれしいです。
      そいそう、ぼくビールは好きじゃないんです。とりあえずビールってのも最近は滅多にないんです。
      飲むならイタリアンの時はワイン、話の時は吟醸酒。あ、ウイスキーのある食事も好きです。
      そちらは雪が凄いですね。雪山で遭難したり、流氷に乗っていて流されないよう気をつけてください。

  2. フォレ より:

    こんばんは^^
    自分も海外の切手とか集めてましたね
    ビールの缶ですか♪
    可愛いですね^^
    イラストも可愛いですよー☆
    気に入るイラストが描けます様に☆
    何度も何度も描き直すことって大事ですよ~
    納得行くまで描いて下さい☆

    • asobo より:

      フォレさん、こんばんわ~っ♪
      ぼくは中学の頃から切手を集めていたよ。海外のも国内のも。
      凄いコレクションだったけど、東京に来る時、親友の妹にあげてきた。
      ビールの缶は海外に行くと珍しいのを買ってきてた。イラストはね、初めの頃かいたのがやっぱりいいなと思い始めている。ただやっぱり人は難しいね。一時誰かにHELPっていいかけたけど、やっぱり頑張ってみようと思ってる。いつか見せたら、へただと思ってもステキって言って欲しいな。時間があまりなさそうだからピッチをあげないと。
      フォレさんもたまにはイラストのアップを!楽しみにしてる♪

  3. a-ki_la より:

    こんにちは。このブルー、キレイな色だなぁ。
    線にも味があって、とてもステキ。
    絵と写真ってやっぱり似てる。
    メジャーな風景をカッチリ撮ったもの、自分で味付けしたもの、
    どちらも撮り分けられるようになりたい。

    • asobo より:

      a-ki_laさん、こんばんわ~っ♪
      実際はもう少し濃いブルーだったような気がします。
      絵と写真が似てるって言うのは同感です。
      あのジャン・フランソワ=カルティエがすご~く絵が上手って知っていますか?
      ぼくは彼が自らの写真を語るドキュメンタリー映画「一瞬の記憶」の中で
      彼が描いたたくさんの絵をみて、写真に勝るとも劣ることのない表現力に感動しました。
      音楽もすてきなので、あの映画をBGMとして流しています。

  4. サンディ・ピーチ より:

    お話付きのスケッチって楽しそう。
    難産しているイラストも見せて欲しいデ~ス。

    • asobo より:

      サンディ・ピーチ、こんばんわ。
      ぼくは小学生のころから、図工や美術の時間に描いた絵には
      よく文章を添えていました。その習慣が大人になったいまも残っているようです。
      難産しているイラストは、見せる機会があればいいけど、どうなるか不明です。
      人をうまく描けないのがネックです。

  5. paprica より:

    いいなぁ。色鉛筆だけのあたたかいスケッチだね。
    Labatt’sっていうビール?すぐには思い浮かばないので、今度酒屋さんで見てみるね〜。
    Asoboさんは、常にスケッチブックを持って歩くの? 
    私はもう長いことスケッチすることすらしなくなっちゃった。でも、こうして人のスケッチを見ると、描きとめることを繰り返すことって大切だなぁって思う。
    スケッチブックも探してみるね♪

    • asobo より:

      papricaさん、これはサンフランシスコのフリーマーットで買った空き缶です。
      ビールの本で見てとても欲しかった缶で、このデザインはもうないとかで、高く買ったように記憶しています。アルコールが入るとすぐ眠ってしまう女の子の話をこのスケッチのために描きました。タイトルは「ぼくの眠り姫さんに」
      スケッチブックは持ち歩かないけど、罫線の入っていないノートはよく持っています。下手だから人前で描くのはにがてです。でも、ノートへの落書き大好き!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中