1205 キッチンを整理していたら・・・


いただき物のシングルモルトが出てきた。心をスイングさせるモルトの香りが、飲もうよと誘惑する。
たまにはスイングジャズを聴きながら飲むのもいいなと思ったとき、NY出身の作家で映画監督でもある
ピート・ハミルが企画したニューヨークシティ・ストーリーというアルバムが思い浮かんだ。彼がニューヨークをイメージしながら書いたいくつかの短編を納めた文庫本と、短編に登場するJazzの名曲を納めたCDがセットになった作品。BGMはこれで決まり。おつまみは、オイルサーデンの缶詰にレモンとソイソースをホンの少し落としていま火にかけた。
あ~、中がトロトロのオムレツも食べたい。アルコールが入るとぼくはとても食いしん坊になるんだ。
カテゴリー: きみに。, きょうの気分, さみしさに耐えられなくなったら。, 音楽, 料理, パーマリンク

1205 キッチンを整理していたら・・・ への14件のフィードバック

  1. paprica より:

    あぁ〜、なんだかいい感じの夜。
    最近はアルコールはほとんど飲まなくなっちゃったけど、ハードリカーの中ではスコッチが好きかな。このモルトはスモーキーなタイプなのかなぁ。
    Asoboさんは何度かNYを訪れているんだもんね。こういうストーリーを読むと、いろんなシーンがよみがえってくるんだろうなぁ。
    金曜な気分の夜でしたね♪

    • asobo より:

      papricaさん、こんばんわ~っ♪
      ゆうべ飲んだシングルモルトは国産ですが、ぼくたちの国のウイスキーも世界では高く評価されています。ぼくの好きなアイラ島のシングルモルトは、多くのスコッチにブレンドされています。生牡蠣にアイラ島のシングルモルトを数滴たらしていただくという食べ方もあります。
      NYでは楽しい体験がいくつもあります。いつかここにもアップします。そうそう、カナダのビールばかり飲んでた夏の思い出のショートストーリーもあります。その話に出てくるビールの缶のスケッチを数年前に見つけたのに触発されて書いた話。スケッチは色鉛筆で描いたものだけど、こんどそれも!

  2. abend より:

    こんばんは。
    呑めると良いですよね。
    私は下戸だから紅茶で(笑)

    • asobo より:

      abendさん、こんばんわ♪
      飲めないにムリして飲んでもいいことはなにひとつありません。
      紅茶でも普通のお茶でもいいから、お酒といっしょにでてくる料理を
      せっせと食べるのがいちばんです。お酒の席に出てくる料理って、けっこうおいしいモノがおおいでしょう。
      紅茶もグラスに入れるとウイスキーに見えます。酔っぱらったふりしてたべちゃってください。

  3. 昔の乙女 より:

    残念ながら私は下戸だから美味しいお酒の飲み方が分からないけど、
    ロックを飲みながらジャズを聴くなんて大人の男の雰囲気が漂ってるわよ(^_-)-☆

    • asobo より:

      乙女さん、こんばんは♪
      ロックを飲みながらロックを聴くのも大好きです。
      といっても、ふだんは料理につかったワインの残りを
      食事の時にたしなむ程度。家ではいつもひとりでの食事なのでそれほど飲めません。
      ぼくにとってのアルコールは、食事を美味しくするための潤滑油みたいなもの。
      でも時々、アイロンの効いたシャツをちゃんと着て、好きな料理を用意して、じっくり好きな音楽を聴きたくなります。

  4. 雲珠 より:

    私は、物悲しい夜にマッキャランを頂きます。でも、
    asoboさんのような飲み方、いいですね。
    カッとするような喉ごしと身体を抜けていく香りが好きです。

    • asobo より:

      雲珠さん、おはよう♪
      お久しぶりです。雲珠さんはマッカランですか。
      ぼくはアイルランドの西側に浮かぶアイラ島で生まれたボウモアが大好きです。
      かすかに感じる海の香りが心をほっとさせてくれるんです。父が小さな島で生まれ育ち、ぼくも海の見える風景の中で育ったせいかな。
      ウイスキー、特にシングルモルトのおいしさはいですね。
      もの悲しい夜に、あまり飲みすぎませんように。

  5. サンディ・ピーチ より:

    シングルモルトってウィスキーですよね。
    私はお酒は飲めないけど、オイルサーディンやとろとろのオムレツは好きですよ。
    こんな雰囲気でいつも飲まれているのかしらん。

    • asobo より:

      サンディ・ビーチ、おはよ~っ♪
      はい、シングルモルトは、ブレンドしていないウイスキーです。
      ぼくはまざりっけのないシングルモルトが好き。
      この写真はぼくが食事をしたり仕事をしたり、コーヒーブレイクをしたりするテーブルの上。
      シングルモルトのボトルとCDのケース、飲みながら読んでいたニューヨークシティストーリーの文庫本を、そのままデジカメでパチリ。本を読んでいるときのスタンドを消したのでちょっと暗いですね。実は、いつも飲まれているの・・・っていわれるほどは飲んでいないんですよ。

  6. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ おはようございます^^

    グラスを手にし 素敵なBGMが流れる空間
    時間もゆっくりと過ぎていく感じがしていいですよね^^
    トロトロのオムレツ、いいですねぇ~♪
    一緒にサーモンのカルパッチョも欲しいです(笑)
    あっ!そういえば、買い置きしていたオイルサーディンがあったんだわ^^
    今夜はまったりとした時間過ごそうかなぁ~♪

    • asobo より:

      ❤ちえたん、おはよう♪
      ゆうべは早く眠ろうと思っていたのですが・・・
      前の日に見つけたシングルモルトをつい開けてしまいました。
      ぼくは、ちゃんと何かを食べながらでないとアルコールを飲めないんです。
      だから家で飲むのは、料理に使ったワインの残り物があったときくらい。
      わざわざ晩酌ってことはほとんどありません。サーモンのカルパッチョ、いいですね。
      ゆうべはこのあと、古い古いアメリカ映画「ジョンとメリー」を途中まで見て眠りました。

  7. 沈丁花 より:

    すてきな夜の過ごし方…♪
    とっても大人なムードの写真と記事…。ぐっときちゃいます。
    音楽が無いのが残念です。
    中山岩太さんの写真『上海から来た女』。
    どこかで、どこかで見た写真!と思って探しました。
    どこで見たのかな~…

    • asobo より:

      沈丁花さん、おはよう♪
      ひとり用の土鍋を探していて発見したシングルモルト、おいしかったです。
      といっても、ホンの少し舐めた程度です。
      中山岩太さんをご存知ですか?彼は戦前のパリでアート写真家として活躍、帰国後は芦屋にパリ時代のものに似たスタジオをつくり活躍されたようですね。
      ぼくがこのアルバムにひかれたのは、彼の写真がアルバムのカバーに使われていたことも大きな理由です。
      上海から来た女は彼の代表作でもあるので、ふとどこかで出会う機械も多いのでしょう、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中