1147 夏に、さよなら。


パチ・パチ、チ・チ・チッ ♪   ゆうべ 線香花火の最後の一本といっしょに、ぼくの夏が終わった。
数日前、四国の友だちから届いた手紙を読みながら、中2の夏を懐かしく思いだした。来年はあのころ夏に
会いに
帰りたい。きみをぼくのクルマのナビシートに乗せて、四国に向かって走っている夢を見た。
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1147 夏に、さよなら。 への20件のフィードバック

  1. ルーシー より:

    こんにちは。
    朝夕と少し過ごしやすくなってきましたね。
    夜風が気持ちいいと 虫の声も大きく聞こえます。
    この間 着物の整理をしていたら 手を通していない 浴衣が二枚出てきました。
    来年は浴衣を着て線香花火をしてみたいなぁ。

    • asobo より:

      ル~シ~、おはよ~っ♪
      きのうの夕方、返事を書いたつもりだったのに、アレレ。
      いま見たら消えてる?なぜだろう、もういちど思いだして書くね。
             ☆
      こちらもずいぶん秋らしくなったよ。
      浴衣を着たルー-シーと花火が出来たら楽しいだとうなぁ。
      手を通したことのない浴衣はどういう柄だろう?
      ぼくも浴衣は持ってるよ。といってもぼくも手は通したことがない。
      浴衣くらいもっていないとと、母がつくっておいてくれていたもの。着物もあるよ。私が生きているうちに揃えられるものは用意しておかないとという母の心遣い。
      ありがとうの言葉を添えて着ている写真を送ってあげればよかったなぁと反省してる。
      そうだ、来年の夏は♪浴衣のきみは~、すすきのかんざし~
      浴衣姿のルーシーと線香花火大会!と頭のメモ帳にメモメモ♪

  2. beeybeey より:

    こんばんは。9月になってしまいました。まだまだ残暑は厳しいのに、9月ときくと秋の気配を感じます。線香花火が終わりゆく夏を感じさせるのはなぜでしょう。しめくくりはやっぱり線香花火!ですもんね。
    風をきってのドライブ、海に反射する太陽の光がまぶしすぎてわくわくがとまらない!そんなはじける夏もいいかもしれません♪

    • asobo より:

      beeybeeyさん、こんにちは♪
      ぼくは線香花火は絶対藁の先に黒い火薬がしっかりついてるのがいちばんと思っています。
      ところが先日、こよりタイプだけど、たたずまいが他のこよりのとはまるで違う線香花火を見つけました。試してみたいと思ったけど、なんと3000円。京都の老舗のらしきお店のものでした。
      だから、ぼくはことしも去年と同じ藁の線香花火。きれいな火花がぼくを幸せな気分になりました。
      来年もまた、線香花火の夏をがしたいな。
      いま吹き荒れている台風が通り過ぎたら一気に秋が近づいてくるれるかな。秋風を頬に受けながらのドライブもいいですね。

  3. a-ki_la より:

    おはよ。
    キレイねー 華火、と呼んであげたい。
    いつかのエントリーで見せてもらった藁に黒い火薬のついた線香花火ですか?
    まだ蒸して暑い日もあるけれど、ひと雨ごとに秋に確実に近づいていますね。
    台風、大きな被害がでませんように。

    • asobo より:

      a-ki_laさん、おはよ~っ♪
      華火ですか、ふふふa-ki_laさんらしいステキな言葉ですね。
      ハイ、おっしゃるとおり、これは藁に黒い火薬がしっかりついた線香花火。きれいに火花をちらしてぼくをうれしがらせてくれました。ぼくはいつも窓をホンの少しあけて眠るので、ゆうべはうるさい雨音で起こされました。
      秋はぼくの大好きな季節。食べ物もおいしいし、枯葉を踏んで歩くのも好き。人気の少ないキレイな海をみにいきたい気分です。

  4. こと より:

    夏も終わりですね。
    花火を見に行くことも、花火をすることも無く今年の夏が、過ぎて行こうと
    しています。また来年までさよならです。
    この頃になると、いつも「祭りの後の淋しさ」を感じます。
    asoboさんの車のナビシートに座ってくれる人が、現れるといいですね
    ん? もう居てたりして・・・^^

    • asobo より:

      ことさん、おはよう♪
      去年はいくつもの花火大会に偶然出くわしてステキな花火をたくさん見ました。
      が、ことしはじぶんでひらいた、この線香花火大会だけ。でも、とてもきれいで楽しくて
      ワクワクしました。そちらは阿波踊りもあったりして、楽しい夏だったんでしょう。
      ぼくのクルマは、女性と乗るならナビシートには男のぼくが座った方が似合うような気もします。
      バイクでのツーリング、ことさんの軽快なフットワークをいつもうらやましく見ています。

  5. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪

    最後の1本!
    パチパチパチと、小さな音と光で楽しめましたか?
    来年はしまなみを渡って、愛媛まで帰ってきてくださいね^^
    輪島の美味しい魚が待っていますよぉ~♪

    • asobo より:

      ❤ちえたん もうオフィスで仕事中ですね。
      はい、この夜は11本の線香花火を楽しみました。
      花火を垂直に持つより、少し斜めに持った方が、火薬というか、最後のあの赤い玉が落ちにくくて長持ちするように感じたのは気のせいかな?
      しまなみには、しまなみで取れたレモンで作られたレモンチェッロを売っているお店があるのを書いたことがあるよね。おととしに比べたら去年のはちょっと甘くしすぎたみたい。で、どうせ甘いならと思ってことしはレモンチェッロではなくネーブルチェッロを手にいれたけど、まだ飲んでいないのでどうかなぁ。
      ウオッカかジンでわって飲むとおいしいかなぁ。料理は何がいいかなぁと悩んでいるところです。
      レモンチェッロもそうだけど、甘いお酒は食後の楽しみですからねぇ。まだ暑い日の明るい時間に飲めればと思っています。
      残り少ない夏を楽しんでください。ぼくは取り立ての肉がしこしこした魚で育ったので、東京で食べるちょっと柔らかめの魚はいまいち。瀬戸内で取れた新鮮な魚が食べたいなぁ。

      • ❤ちえたん より:

        asoboさん♪ こんばんは^^

        輪島・・・って書いたのを読み返して・・・。
        宇和島でしたね? ごめんなさい~~><。
        レモンチェッロの話は覚えていますよ^^
        いつか近くに行ったら探してみようかなと思ったりしています^^
        前の記事で
        いちぢくは、よそのお宅の庭になっているもので、
        ちょっとつまみ食いするもの!っていうの分かります~~~♪
        いちぢくって、水を好むのか、大体小川の近くに植えてありますね^^
        お店で買うと、本当にお高い!^^;
        大きくて甘そうなのは、1パック500円くらいしますね^^
        瀬戸内海の新鮮なお魚、是非食べに帰ってきてくださいねぇ~(。◠‿◠。)ニコッ

        • asobo より:

          ちえたん、こんばんは♪
          レモンチェッロのお店は大三島にあるリモーネ。URLは以下の通りです。
          http://www.limone2.com/
          リモーネではレモンチェッロのことをリモンチェッロと呼んでいるみたいです。
          ぼくは以前大三島まで行ったことはあるけど、リモーネの存在は知らなかったので島で見たのは多々羅大橋だけ。有名な大三島神社も見ていません。リモーネは休みの日も多く、リモンチェッロも毎年限られた数しか作っていないみたい。売り切れたら次のレモンの季節まで待つことになるそうです。
          そう思うとこの夏届いたネーブルチェッロは大切に飲まないとイケナイかな。ぼくは冷えたウオッカかジンで割っての見たい気分だけど、どうだろう。食後に小さなグラスでストレートがいちばん正しいんだろうけど、ちょっと迷っています。

  6. ほこ より:

    ほこたん2号♫ 出動しますよ~
    ナビシートに座りませんか?
    ほこたん2号は いつも大きな空を従えてますから
    乗り心地はいまひとつだけど 気分はサイコーです
    好きなCDを持参してくださいね~
    運転はもちろん ほこ です!

    • asobo より:

      ほこさん、おはよ~ッ♪
      お~、ほこたん2号は快調ですか。ほこさんのブログで見たあの爽やかな自然は、どうなっているのかなぁ?海や緑の木々がそのまま残っていてくれるとうれしいけど、それはムリなんだろうな。
      でも、きもちいい風にはいまも会えるね。夜空は震災前よりずっと☆がきれいなんだろうな。
      イタリア映画、イル・ポスティーノに自然の音だけを集めて詩をつくるシーンがあったけど、そういう音をあつめて詩を作りに行くのも楽しいだろうな。
      潮騒や秋の虫の鳴き声、木々の間を駆け抜ける風の音、そのあたらいでしか会えない音はなんだろうな。

  7. 芳奈美 より:

    こんばんわ^^

    asoboさん、先日の土曜日にこの辺りでは行く夏を惜しんで
    花火大会がありました。
    asoboさんの花火とは違って大きく打ち上げられました。
    でも、しんみりと、夏を惜しむのは線香花火が良いですね(*^_^*)
    来年の夏、是非 四国、愛媛へ帰って来て下さい。
    妹さんも待っておられますよ^^

    もう・・・秋ですね(#^.^#)

    • asobo より:

      芳奈美さん、こんばんは♪
      ことしは、たくさんの花火大会が自粛されたとか。
      今年こそ、花火大会でみんなの気持ちをあかるくして欲しかったのになぁと思います。
      子供のころよく行った松山の夏を、いま懐かしく思い出しています。
      中学時代の友だちからも、帰ってきさいやという手紙が届いたし・・・帰りたいな。
      残暑がぶり返してきたけど、高い高い空にきょう。秋を思わせる雲がうかんでいました。

  8. 沈丁花 より:

    綺麗に撮れていること!線香花火はいいですね・・・。
    線香花火をした後は、手や着ているものに、あの独特の火薬の香りが
    残り香として移るんですね。それが、なにかまた、夏の終わりの寂しさと相まって。
         『君とせし 線香花火の 香の残る
           浴衣の胸を そと抱きしめり』
    ふふ。お粗末さま。(全くの想像です。少女の頃のこころに戻って。)
    来年夏。帰郷の望み。ぜひ叶えてくださいね。線香花火にも、また来年♪

    • asobo より:

      沈丁花さん、こんばんは♪
      少女のころの沈丁花さんは、浴衣を着て誰と線香花火を楽しんだんだろうな。
      あの線香花火の火薬の匂いは夏の香りですね。
      うまい返歌をコメントとしけ書けなくてごめんなさい。
      浴衣と、よく冷えたスイカと、線香花火に心をときめかせた夏に
      来年も会えるといいですね。

  9. アメリア より:

    おはようございます。
    この夏はasoboさんにとっていい夏でしたか?
    あの黄色いクルマの助手席に座れるのはどんな人ですか?

    • asobo より:

      アメリアさん、こんばんは♪
      この夏は、う~ん、まぁまぁの夏だったかな。といっても、ここ数日
      足に激痛が走り、とくにきのう、きょうは歩くのもやっと。でも去年に比べると
      少しはよかったかな。
      ナビシートには、どんな人が座ってくれるだろうな。ぼくが、ナビシートに座り運転をまかせるのもいいなぁ。夏の暑さに負けずオープンにして、風とエンジンの音を聞きながら走るのが好きな人がいいなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中