1146 今朝は早起き


久々にイチジクのジャムを作った。ゆうべ仕込んでおいた材料を白いホーローの鍋でこつこつ煮ていく。
アクをとりながら、同じタイミングでジャムを入れるビンを煮沸消毒。あま~い香りが漂う中であっという間に出来上がり。
ジャムづくりはぼくのストレス解消法。とてもいい気分になったので、そのままトマトソースもふたびん作ったよ。
広告
カテゴリー: きみに。 パーマリンク

1146 今朝は早起き への14件のフィードバック

  1. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ おはようございます^^

    イチジク~♪ 大好きなんですよ^^
    コトコト煮込んだ手作りのジャムは美味しいんでしょうね?
    厚いトーストにたっぷり塗って、カフェオーレと一緒に頂きたいですぅ~~(。◠‿◠。)ニコッ
    朝から幸せな時間が持てそうですよね^^

    • asobo より:

      ❤ちえたん、おはよ~っ♪
      お出かけ前の慌ただしいときにコメントをありがとう。
      イチジクおいしいよね。宇和島に住んでいたころ、イチジクはよそ様の庭に実っているのを、こっそりいただいて食べるものと思っていたけど、東京ではとても高価。しかも、果物屋さんで買うもの。だから、安く出回ったときにだけつくります。
      イチジクのジャムは、ぼくにとってもいちばん好きなジャムです。普段ぼくがつくるのは、果物感覚で食べられるジャム。甘さはちょっと控えめで、イチジクのジャムには少しレモンの果汁を少しいれています。
      しまなみは今治から大三島まで走ったことがあります。あの島にある橋の広告をつくったことがあります。何という橋か忘れたけど、「いつか、瀨戸の花嫁も渡る橋」というキャッチだった。本州からはまだわたったことはありません。

  2. paprica より:

    いちじくのジャム♪ トマトの手づくりソース♪ いいなぁ。
    手づくりソースやジャムがこうして瓶詰めになると、眺めているだけで満足してしまうねー。(で、私はついつい空き瓶をためこんじゃうんだなー)
    いちじくは、食感が苦手で好物とは言えないけど、ジャムだとか、すでにデザートになっているのは好き。
    それにしても、朝からジャム作りなんてさ。asoboさん、マメだな。

    • asobo より:

      おはよ~、papricaさん♪
      イチジクのジャムは、この季節のぼくにとって何よりの美味しさ。決して上等のイチジクではなかったけど、その甘さと香りにレモンをプラスして、上品に仕上げました。
      トマトのソースはきのうひと瓶使い、ナスとポテトの重ね焼きを3種類のチーズをたっぷり重ねて焼きました。
      今朝はそれに卵を一個落としてオーブンで再び焼いて朝ごはんをつくります。
      昼ご飯はスモークサーモンをたっぷり使ったパスタです。

  3. naoc1970 より:

    自分の好きなことをできる時間って わくわくしますね。
    最近そんな時間が減ってきている気がします。
    もっと 時間を大切にしよう☆

    • asobo より:

      naoさん、きょう2度目のおはようです。
      ジャムを作る。それも大好きなイチジクのジャムだから、幸せな気分もひとしおでした。
      ジャムの後につくったトマトソースで、きのうは茄子とポテトのチーズたっぷり重ね焼きを作りました。
      あつあつを赤ワインを飲みながらハフハフいいながら食べる。暑い夏こそ、温かい料理で汗をかくのが、ぼくの夏の歓びです。
      naoさん、じぶんの時間を大切にしてください。心が元気になって、きっとからだも喜んでくれます。

  4. 昔の乙女 より:

    芳奈美さんが言うようにイチジクは高価でジャムにするのは勿体ないわ。
    でも美味しいでしょうね~

    • asobo より:

      乙女さん、こんばんは♪
      ぼくも高価なイチジクにはなかなか手を出せません。
      この間は清水の舞台から飛び降りるような気分で高価な温州みかんを買ったばかりですからね。
      でも、きのうはいつになく安いイチジクが手に入ったんですよ。
      だからゆうべのうちに下処理をして、けさうきうきしながら作ったんです。
      ぼくは食材だって高いと敬遠します。
      予定していたメニューも、スーパーに行って食材が高ければ違うものに変えます。
      といっても、たまには高価な食材にこだわることもあります。おいしいベーコンとブロッコリのパスタが食べたくなったら、電車賃820円かけてひとり分400円くらいのベーコンを買いにいきます。ぼくの贅沢ってこのサイズの贅沢。このスパゲッティだけはだれもがビックリするほどおいしいといいます。
      ぼくにとっての贅沢って、こういう感じです。

  5. フォレ より:

    こんにちは^^
    もうそろそろイチジクも実が大きくなって来ましたよ^^
    ジャムはやっぱパンに塗って召し上がるんですか~♪
    トマトのソースでグラタンとか…食べたくなって来ました!!

    • asobo より:

      フォレさん、こんばんは♪
      ふふふ、フォレさんというと、地平線の彼方までイチジクの木がおいしげった大農園と、部屋で好きなだけイチジクを食べているフォレさんを思い浮かべてしまいます。イチジクはジャムの王様、いや女王かな。フォレさんもぜひジャムづくりにチャレンジしてください。
      ジャムはパンに塗って食べることが多いなぁ。白くてふわふわのパンより、田舎風のパンに塗るのがいい。
      トマトのソースはあす、ポテトと茄子の重ね焼きに使います。先ずポテトを皿の上に並べてトマトソースをかけ、その上にとろけるチーズを3~4種類、さらにその上に素揚げした厚さ7~8ミリくらいの素揚げした茄子を敷き詰め、もう一度トマトソースとチーズを重ねてオーブンで焼く。表面のチーズがこんがり焼けてきたら出来上がり。
      ぼくはよく冷えた白ワインでいただきます。そうだ、前菜に生ハムを載せたいちじくがあれば、最高だなぁ。

  6. 芳奈美 より:

    こんにちわ^^
    イチヂクのジャム、って今作るのは(@_@;)
    まだ、とっても高いでしょう~
    大好きなイチヂク、買おうと思っても素通りしちゃう(-_-;)
    もう少し手頃な値段になってからしっかり頂こうと思って^^
    贅沢なイチヂクジャムの完成ですね(^_-)-☆
    asoboさんの愛情たっぷりで美味しいんだろうなぁ~

    • asobo より:

      芳奈美さん、こんばんは♪
      ぼくもまだ高いと思っていたら、とても安く手に入ったんです。だから、イチジクのジャムにしてはとても安くつくれたんです。写真のジャムは少し明るいけど、実際はもう少し濃くて美味しそうな色です。大きなイチジク六個でガラスびん1個半。イチジク事態ちょっと味が薄かったから、その分安かったのかな。でも、イチジクのジャムはぼくにとってはいちばん好きなジャムのひとつ。大切にいただきます。
      はい、隠し味はぼくの愛情、どのいちじくのジャムよりおいしいです。

  7. はな より:

    おひさしぶりです!
    素敵な夏をお過ごしですね!!!
    靴をジャブジャブ洗う時間も、
    早起きしてジャムを煮る時間も、いいなぁ~。
    時間に追われずに衣食住のことをする時間って
    贅沢なのかもしれませんね。

    私も贅沢な時間を持てるように、、、もう少し!

    • asobo より:

      はなさん、こんにちは?
      スニーカーを洗ったりジャムをつくったりするのは
      ぼくにとってとても大切なストレス解消法です。早起きは、したくなくても、東の方角に向いてる大きな窓から射し込む朝日が、強引にぼくをたたき起こすのです。
      あ、いまはまだ夏休みシーズン、はなさんにとってはとても忙しい季節なんですね。あと少しで贅沢な時間がつくれます。
      忙しい日々があればあるほど、贅沢な時間がステキに感じられます。秋の紅葉のころも忙しくなりそうだから、もうすぐやってくる貴重な時間を大切に♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中