1136 これ、何かのおまじない?


うちの駐車場には、クルマの真後ろに猫の額くらいの舗装していないスペースがある。
そこに、誰がいつの間に作ったのか、写真のようなオブジェがあった。いったい、何のために?
枯葉を数枚重ねて小枝にさして、そのまわりに小石を並べたサ~クル。
あまり気にはしていないけど、特別な意味でもあるんだろうか?


カテゴリー: いい恋を。, きみに。, 愛のかたち パーマリンク

1136 これ、何かのおまじない? への24件のフィードバック

  1. フォレ より:

    こんにちは^^
    うーん、なんでしょうw
    おまじない…精霊を呼ぶための…とか。
    台風でも無事だったかなー?

    • asobo より:

      フォレさん、こんにちわ~♪
      もう壊れてしまっています。かわいかったので、ちょっと残念。
      フォレさんがいうように精霊たちが現れてくれるとうれしいな。
      場所はマンションのちょっと奥まったところにあるスペースだけど、すぐそばにうるさい犬がいるので、知らない人がこっそり何かするのは難しいんだけどね。
      最近、楽しい話のためにイラストを書いてるけど、人をうまく描けない。
      猿や豚さんはなんとか描いてるけど、人は難しいね。
      あ~、もうこんな時間。パスタでも作ろうかなぁ。

  2. mam より:

    あらぁ、不思議なオブジェです。こんな不思議は何か解らないのが良いのかもですね^^
    私は、たぬきの子ども達が化ける練習をしてたんじゃないかと思っちゃいました。ポンポコ♪

    • asobo より:

      mamさん、こんばんは♪
      もし近所の子供たちが作ったとしたら、とてもステキなセンスだ。
      そういいたいくらい、とても丁寧につくられていました。
      ひまができたら、じっくり時間をかけて調べてみたいと思っています。
      ぼくのクルマの後ろにあるスペースは、すぐ横に犬小屋があって人が来ると死にものぐるいで吠えまくります。知らない人はもちろん、子供たちもそっと時間をかけてこれを作る余裕はないかも。
      うるさい犬を黙らせるためのおまじないだったりして・・・。
      ぼくは、別の方法で黙らせています。

  3. こと より:

    こんばんは^^

    でも、やっぱりおまじないっぽいですね。
    見た人を、悩ませたやろうって、ちょっとしたイタズラ?
    沈丁花さんが、仰るような意味やお話があったら
    楽しいかもしれませんね^^

    • asobo より:

      ことさん、おはよう♪ はい、どうしても思い出せないけど、これに似たものの写真をどこかで見たような気がしてなりません。どうしても思い出せないけど、ある日、ふっと思い出すかもしれないので、焦らずのんびりしていようと思います。この場所は、ぼくのクルマ専用のスペースで、左側はマンション、右側はしっかりした金網でできた仕切りの先は畑と一軒の家。頭にくるくらいうるさく吠える犬がいて、誰でも気軽に入れない場所なんですがねぇ。まぁ、ゆっくり考えます。

  4. a-ki_la より:

    こんばんは^^
    あら、七不思議の一つ目なのですか?
    ここにはもっとたくさん不思議がありそうです。
    沈丁花さんの創作をめぐるasoboさん、皆さんのやり取りも、
    微笑ましく読ませていただきましたヨ。

    • asobo より:

      a-ki_la さん、こんばんは♪
      ぼくは小さい頃、考古学者に憧れたことがあります。
      ギリシャ神話や旧約聖書の影響もあるし、
      ヨーロッパの伝説にも心引かれていたからだと思います。
      世界の7不思議も、ピラミッドのように現存するものより、ロードス島の巨人像など、
      現存しないものにより興味を惹かれましていました。
      不思議には永遠のロマンがあるでしょう。
      ぼくにとっていちばんの不思議は、女性かなぁ。

  5. 沈丁花 より:

    asoboさん、みなさん。ごめんなさい。
    私の作り話なんです。これ見て想像した…
    誤解を招く書き方してごめんなさい。
    どうか、笑って許していただけたら、と思うのですが…

    • asobo より:

      沈丁花さん、きょうが4月1日だったら、大歓迎で楽しかったなのにね。
      少なくとも、ぼくと芳奈美さんと星の子さんは、見事だまされました。
      メールでも、3人の方がだまされたみたいで、でもその3人さんはぼくまで騙されたことを大喜びしていました。
      次からは、こういうレスは4月1日だけに、それ以外の日には、最後に嘘ですというコメントをお忘れなく。
      これから急いで出かけないといけないし、いまブログの具合がわるくて、うまく消せません。信じても実害のない話だし、よく出来たロマンチックな話なので、きょうはこのままでかけます。
      ごめんなさい。怒っていないので、ご心配なく。
      ほおっておいたら、気づかない人も多いと思います。

      • 沈丁花 より:

        asoboさん。みなさん。ごめんなさい。
        笑って許していただけて良かったです。これからは最後に
        ジョークです、と、ちゃんと断り書きしないといけませんね。
        大変勉強になりました。
        でも、なんだかこれで、みなさんとの距離が一気に縮まったような気も
        して、ほっとして少し嬉しい沈丁花。
        これからずっと、本来のお茶目キャラでいこうかな?
        お許しいただいて、ありがとうございます♪

      • asobo より:

        沈丁花さん、気にしないで忘れてください。
        ここのところブログの調子がおかしくて、変なトラブルが出てこまっています。
        コメントの削除もすぐできなくてごめんなさい。

  6. 芳奈美 より:

    おはようございます^^
    ↓ そういうことだったんで゙すね!
    全く知りませんでした(-_-;)
    私は、また子供達が遊んでて、こんなのを作ったのかなぁ~
    なんて思ってました(恥)
    実際は、ロマンチックな謂れがあったのですね☆

    • asobo より:

      芳奈美さん、こんにちは。
      そう言うことという話は、沈丁花さんのジョークだったようです。
      ぼくも信じたし星の子さんも信じたし3人揃って・・・まぁステキなお話だったので、いっしょに騙されて楽しかったと言うことにしてもらえると、ぼくもほっとします。
      それにしてもこれ、なんでしょうね。ぼくは、はじめてこれを見たとき、イギリスかアイルランドあたりの何かかなと思っていました。ストーンヘンジとかストーンサークルとかってあるでしょう。
      実際にこれを見ると、小枝への葉のさし方とか、出来具合が子供の遊びにはみえません。
      こうなると、本当は何だったのかとても知りたくなってきました。

      • 芳奈美 より:

        とってもロマンチックなお話だったので、
        騙されてたままでも良かったよ~
        しかし、凄い想像力ですね☆

      • asobo より:

        芳奈美さん、こんばんは♪
        アッシジとフランチェスコについては結構くわしいつもりだったんだけど
        へぇ~知らなかったと感心したのですが・・・。
        今回は何かをとても知りたかったので、ちょっと気抜けしました。
        どこかで、これに似たものの話を聞いたことがあるような気もするのですが・・・

  7. 星の子 より:

    ロマンチックな出来事ですね。
    今朝はいい天気、おしごとにいってきまーす。

    • asobo より:

      星の子さん、残念ながらロマンチックな話は沈丁花さんの想像力のたまものでした。
      というわけで、これが何なのかは依然不明です。これを作った人がここを見ているとは思えないので、結局はasoboブログの7不思議第一号になるかもしれません。あっ、そういえばいぜんやっぱり何かわからなかったものもあるので、今度あれをもう一度アップしてみようかな?
      この謎を解いた人に何かあげると言ったらすぐ答えが出るかな?
      あ、まだ出すとはいってないよ。

  8. 沈丁花 より:

    …これはですね。アッシジサークル、と昔から呼ばれているものです。
    聖フランチェスコの、あのアッシジ寺院。小鳥とお話しできたという、
    あの聖人さまです。満月の夜に、聖フランチェスコの名を
    呼びながら、細い枝を一本立てておくと、まだ明けやらぬ早朝。
    小鳥たちが一枚一枚と枯葉を運んできて枝に挿します。
    石を咥えてきて、ポトンと落とす役目の、少し大きな小鳥もいます。
    枝に挿した葉っぱは、その人のこれまでに捨ててきた恋の数。
    そうしてね、丸あるく並んだ石のうち、白い石の数が、今進行中を
    含み、これからめぐり会う恋の数ですって。
    一週間目の朝。朝一番の光が枝の影を、地面に落とす。
    その影の指す白い石をひそかに持ち帰って、叶えたい恋のお相手の
    名前を書いて、大事にしまっておけば、恋が見事に叶うと言いますよ。
    asoboさん。この伝説知っててひそかに枝を立てておおきになったのでしょう?
    でも、小鳥がなんとその肩にとまるという不思議な力をお持ちの
    asoboさんは、聖フランチェスコのお告げもいらないのでは
    ないかしら?恋もお気に召すまま。^^ 

    • asobo より:

      沈丁花さん、おはよ~♪
      アッシジサークルというんですか。とても繊細な心遣いで作られているし
      ストーンサークルもあるので宗教的なものかなと思っていたけど、あの聖者フランチェスコに関係があるとは・・・。
      葉の数が捨ててきた恋の数だなんて、それだけでぼくがつくったものでないことは証明されます。
      これを見つけてからもう一ヶ月はたっているので、白い石を持ち帰っても恋が実ることはありませんね。
      ちょっと残念。
      教えてくださってありがとう。

      • 沈丁花 より:

        asoboさん。ごめんなさい。これ、わたしのフィクションよ。
        あんまりうまく書けすぎていましたか?普段あまり冗談を言わない沈丁花なので、
        信じておしまいになったのね。ああ~、どうしよう。
        皆さんまでがお信じになってしまわれたら!
        これ見て、イメージが膨らんで書いてみたお話なんですけれど…。
        よかったら、今のうちに消しちゃってください。
        でもね、これはフィクションだから。asoboさんの恋はきっと叶いますよ。
        asoboさんご自身のお力は、そんなフィクション、いらないもの。

      • asobo より:

        きのうはブログの調子が最悪で、おかしな症状が多発。
        自分のブログじゃないみたいで疲れました。

  9. にこにこ より:

    興味津々!
    これって、asoboさんが作ったんじゃないの?
    ちょっとミステリアスで素敵!!

    • asobo より:

      にこにこさん、おはよ~。
      いいえ、これ、ぼくが作ったものではありません。
      よく見ると、シンプルだけど、とても気遣ってつくってあるので、何だろうと思っていました。
      台風が去って、さわやかな青空が見えるかなと思っていたのに、今朝は曇り空。
      でも空気がひんやりしていて気持ちいい朝です。
      あっ、日が射してきた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中