1108 今夜は・・・。


昼間暑い日射しの中を散歩していたら、おいしいマグロが食べたくなった。トロよりもあっさりの赤身がいい。
そうだ今夜はカルパッチョにしよう。というわけで、ほら、マグロだから薄切りにしないでいつもよりずっと厚めに切った。
冷水でシャキッとさせた九条ネギもたっぷり。ソースは、ケイパー、粒入りマスタード、オリーブオイル、
そして無農薬の国産レモンの絞り汁。ふふふ、仕上げに加えた隠し味は、ナイショ。
カテゴリー: きみに。, きょうの気分, ラブレター, 料理 パーマリンク

1108 今夜は・・・。 への28件のフィードバック

  1. naoc1970 より:

    asoboさん
    おはようございます!
    大阪今日はとっても良いお天気です。朝から大洗濯でした。
    カルパッチョ おいしそう!私も生の魚が苦手だったんですけど 最近は少しずつ食べています。
    カツオのタタキとかも玉ねぎがいっぱい入ってると食べれます。
    asoboさんはとっても料理がお上手ですね。
    私も以前は 食に対して全然興味がなく ガリガリに痩せてしまいましたが ここ数年で食べる事にも興味を持つことができて 一気に太りましたよ!今はちょっと体重オーバーです。
    食べる事に興味を持てるって 幸せなことなんだと知りました。
    きっとasoboさんも 幸せなんだろうなぁって思います。
    いつまでも 体を大切に おいしいものをおいしく頂いてください ね♪

    • asobo より:

      naoさん、おはよう♪
      ぼくもいま洗濯物を干し終えたところです。きょうの日射しだと、昼には気持ちよく乾いてくれそうです。
      鰹のたたき、冷水で冷やさないで暖かいままでたべるのも美味しいよ、ぜひ試してみてください。ぼくは幼いころから新鮮な魚で育ったからか、新鮮な刺身は大好きです。ちょっと体重オーバーかなというくらいが、人はいちばん健康ではないかとぼくは思います。
      確かに何かを作っているときはとても幸せです。ストレスも忘れられます。
      それにしても、文面から経過が良さそうに感じられてうれしいです。健康だけは大切に。いいGWになりそうですか。ぼくはこどもの日が母の命日。花好きだった人だから、かわいい花を飾ってあげようと思っています。

  2. 芳奈美 より:

    おはようございます^^
    私、昔は生のお魚苦手だったんですけどね。
    お歳とともに、肉より魚。
    そして、このカルパッチョなるもの大好きなんですよ。
    サーモンで、よく作りますが、マグロも試してみようかなぁ~
    それにしても、asoboさん、お洒落ですね(^_-)-☆

    • asobo より:

      芳奈美さん、おはよう♪
      カルパッチョ、お好きですか。美味しいですよね。
      そちらなら、ぜひ瀬戸内で育った鯛でも楽しんでください。
      薄く切った鯛をお皿に並べ、無農薬のレモンの汁と塩、そしてオリーブオイル。仕上げにすり下ろしたレモンの皮をかけると見た目もキレイです。
      GWはいかがお過ごしですか?
      先日テレビでず~っと松山が紹介されていて、とても懐かしく見ました。
      今朝はしまなみ海道が紹介されています。最後に四国に帰ったとき、大三島までドライブしたのをきのうのことのように思いだしています。

  3. フォレ より:

    こんばんは~~
    生の魚が苦手なんで、ちょっと炙って頂きたいところですが…
    見た目がとーっても美味しそうなので、ちょっと味見させて下さい^^
    味見しないと隠し味がわからないじゃないですかぁ♪
    お刺身を醤油以外で食べるという発想うちでは無いので…
    マスタードって所に驚きです@@;
    同じ食材なのに味付けひとつで和や洋になるのが不思議ですね^^

    • asobo より:

      そうか、フォレさんは生の魚が苦手ですか。
      うちではこどものころから、父がよく新鮮なマグロを炙ってくれてた。
      炙った魚も美味しいよね。よし、今度美味しい炙って食べる方法も探してみよう。
      といっても、炙るとそれ以上することないね。
      炙ると言えば、鰹のたたきも、氷水で冷やさず暖かいまま食べても
      どこかのお寿司屋さんが魚を炙るのは私の発明といってたけど、漁師さんがきいたらきっと笑っちゃう。そんなの漁師さんの間では昔から当たり前だもん。
      このカルパッチョ、機会があれば試してごらん、おいしいよ。

  4. ちえみ より:

    オシャレです(^o^)/
    毎日の生活が、ぜ~~~~~~~んぶ
    オシャレですね(*^_^*)

    • asobo より:

      ひとりで外食するのが苦手です。
      だからといって、家でインスタントというのも寂しい。
      というわけで、作ることを楽しもうというだけです。
      例えば、映画ゴッドファーザーなんか見てると、マフィアの男たちってけっこう料理をする。若き日の、まだ貧乏だった主人公が仲閒にスパゲッティを用意したとき、食卓のテーブルの上でチーズを削ってあげたり。ライバルとの戦争で家に立てこもっているとき、アリアを流しながら食事している。貧乏な恋人たちが晩ご飯の時はテーブルに糊のきいたような白いクロスをかける・・・そういのを見ていていいなぁと思うと、つい真似したくなるんです。

  5. a-ki_la より:

    こんにちは。うーん美味しそう^^
    マグロ、美味しいものに当たると、トロが美味しかった時よりも『嬉しい度』が高い、
    そんなふうに思うのはワタシだけでしょうか^m^
    asoboさんの一皿のように、厚めに切ったら、おつまみに。
    薄切りにしてご飯にON!九条ネギをうず高く積んだら、丼ごはんに。
    おつまみだったら、隠し味はアレ。丼にするならコレ。
    夕飯にお刺身が出てきたら、試してみよう。

    • asobo より:

      a-ki_la さん、こんばんは♪
      美味しい赤身はさいこうですね。
      この日使ったマグロは冷凍物じゃない本マグロでとくに美味しかった。
      GWだし、ひとり分だから、ちょっといい赤身で贅沢しました。
      そうか、次はまぐろの丼ご飯にチャレンジしてみようかな。
      今夜は昼の残りの目刺しがメインディッシュ。それと朝の残り物の卵焼き、山芋、大根おろし、そして九条ネギをちょこっと。粗食でした。

  6. こと より:

    美味しそうに、出来てますね。
    ソースとネギと絡めて食べたら、美味しいんだろうなあ
    息子のカルパッチョも、抜群でしたよ(^v^)

    • asobo より:

      オリーブオイルもたっぷり使っているので
      ぼくはレモンも結構多めに搾っています。
      息子さんのカルパッチョ、ぼくも食べに行ってみたいです。
      お店の場所、かわったんですよね。
      前の場所に近いのでしょうか?
      ことさんの名前を出したら、デザートはサービスしてもらえるかな。
      鳴門の海で捕れた鯛のカルパッチョもたべたいな。

  7. ❤ちえたん より:

    asoboさん♪ こんぃちわ^^

    w(@@)wワォ!
    美味しそうなカルパッチョ!
    いつも思うんですが、asoboさんのお料理はお洒落ですよね^^
    見た目も色鮮やかで綺麗だし、センスよ良さを感じます^^
    勿論!お味も美味しいに決まってますねっ(^_-)-☆
    九条葱を添えたとこなんて、素晴らしい~♪
    ワイン持っていくから、食べさせて下さい~~ (●^o^●)

    • asobo より:

      ❤ちえたん、カルパッチョはお好きですか。
      カルパッチョというとだいたい薄造りですが、マグロの場合は絶対に厚めです。
      トロはちょっとしつこいかなぁと思うので赤身です。
      九条ネギはとても好きなネギ。
      連休中に九条ネギたっぷりのうどんもつくろうと思っています。
      ワインだけでなく、カモさんはネギも背負ってくることになっていますよ。
      こrからも、晩ご飯はワンコインでよろしく。

  8. ポテト より:

    たっぷりの九条葱がステキです。
    マグロとソースと九条葱、この連休中に私も作っていただきます。
    ワインのおすすめはありますか?

    • asobo より:

      ぼくは美味しいネギが大好きです。
      このカルパッチョに使った九条ネギは特に大好き。
      冷水にさらしてしゃきっとさせたものに本の少し醤油をつけただけでも
      ご飯を食べられます。小学生の時、学校からお腹を空かして家に帰ったとき、母がいないと庭に植えてあったネギを切り、大急ぎで冷水でしゃきっとさせたのでご飯を食べたこともよくあります。
      ワインのオススメはシャブリがオススメだけど、特別な日以外は安ワインで充分です。
      ソースの材料の比率はパプリカさんへのコメントを参考にしてください。

  9. paprica より:

    うわぁ、おいしそう♥(←はーとつけちゃいます)
    私もトロより赤身の方を食べたいって思うことのほうが多いです。とはいえ、カナダではあれこれ選べないんだけど。
    ソースがとても気になります。隠し味は一体何だろう… tell me.

    • asobo より:

      papricaさん、こんばんは♪
      ♥マークつきのおいしそうをありがとう。
      トロもいいけど、まぐろのほんとうのおいしさは赤身だとぼくも思います。
      へぇ、カナダってそうなんだ。カナダの海で獲れたまぐろも日本に届いているのになぁ。
      ソースは粒マスタードがそれぞれ1に対してオリーブオイルは2~3の割合。
      レモンの絞り汁はお好みで。隠し味は、さてなんでしょう。
      なくても十分に美味しいです。九条ネギのようなネギ、カナダにもあるといいな。冷水にさらしてしゃきっとさせてください。
      ぼくのオススメの白ワインはシャブリです。といっても、ぼくはめったにシャブリは買いません。高価なワインは特別な日用。ふだんはリーズナブルなテーブルワインです。

      • paprica より:

        asoboさん、わざわざソースの説明をしてくださって、どうもありがとう。早速書きとめておきました♪
        シャブリ? 何だろ。飲んだことないと思う。
        この島にはいくつかのビンヤードがあって、ローカルワインも手に入るし(だからといって決して安いわけではないんだけど)、家庭で作っている人もいます。なので、カジュアルなディナーだったら、なるべくローカルのものを選んでます。サポートする意味で。なかなかおいしいものもありますよん☆

      • asobo より:

        シャブリはフランスのある地域でつくられているワインです。
        生まれてはじめて飲んだとき、海の香りを感じてうれしくなりました。
        シャブリにもいろいろあるけど、いままでぼくが飲んだシャブリはいつも海を思い出させてくれています。
        ふだん家で飲むワインは1000円前後。料理に合わせてどうしてもワインが欲しくなることはあるけど、家で飲むことはそう多くありません。
        今夜は秋刀魚のパスタを作りました。本当は鮮度のいい鰯の方が好みなんだけど、東京でとくにGWに美味しい鰯はなかなか手に入りません。四国にいた頃は、父の知ってる漁師さんがよくうちの前にトロ箱いっぱいの新鮮な魚を早朝に置いていってくれていました。そうした漁師さんはほとんどが密漁をやってる人たちで、つかまった人を父がよく身元引受人になってあげていたからです。
        あ、ぼくの父が密漁船グループのボスだったからではありません。うちが漁船用の石油を売っていたからです。

  10. maman より:

    大好きです♪まぐろもカルパッチョも^^
    厚めに切ったまぐろ、贅沢ですね。
    和の野菜のねぎを合わせてるのがいいです。参考にさせて頂きまぁす φ(..)メモ♪♪
    asoboさんにかかるとどんな食材も美味しくお洒落な料理になるみたい。
    実は、我が家もまぐろだったんですがフツーに鮪丼でした和。
    晩ごはんいっぱい食べたけど、夜中だけど、お腹が空いてきました(笑)
    キリッと辛口の美味しい白ワインと一緒に頂きたいです。
    あっ、吟醸酒でも合うかも。いかがかしら^^

    • asobo より:

      まぐろは厚めに切った代わりに長さを半分にしてバランスよくしました。
      でっかい切り身に寿司飯は少なめで人気のお寿司屋さんがあるけど、
      ぼくはああいうのが苦手なんです。まぐろ丼、いいですね、吉祥寺に出かけたときによく食べます。
      ワインは詳しくないけど、ぼくはコッポラの白ワインが好き。でも最近あまりみかけないのが残念です。この料理の時は、潮騒を感じさせてくれるワインがいいです。
      吟醸酒もいいですね。

      • maman より:

        身を厚めに切った代わりに長さを半分に・・・
        細やかな配慮ですね~^^
        こんなちょっとした心遣いがお料理の美味しさの秘密なんですね。
        お寿司もそうだけど、バランスって大切だと思います。具を大きくして寿司めしを少しにするならお刺身を食べればいいですよね。お得感はありますが(笑)
        吉祥寺には鮪丼の美味しいお店があるんですか?
        東京に行く時には行ってみたいです^^
        教えて下さぁい・・・って、好きなお店は内緒かな?大切にしたいですものね♪
        asoboさんはワインにお詳しいのかと思いましたが・・・
        私はワインもお酒も全く解りません。気分で買って美味しかったら当たり!(笑)
        コッポラの白ワインですね。探してみよう~♪

        5月になりましたね。心穏やかに明るく過ごせますように^^

      • asobo より:

        吉祥寺は月に一度くらい行く病院から数駅なので時々寄ります。
        まぐろ丼は安くて美味しいけど、遠くから来た人がわざわざ行くほどでもありません。
        ぼくは大好きなパン屋さんもあるし、東京に来てからずっと好き街だから、ついつい寄ります。
        5月はGWに母の命日などいくつもの法事があるので、法事とかで静かに過ごすことになりそうです。

  11. ルーシー より:

    あ〜、おいしそう。
    鮪もこんな風ににすると 普通のまぐろも イタリアンのお店で出てくる一皿になってしまうのですね。
    私も見習わなくちゃ。

    最後の隠し味は‥たぶん‥私なら‥あ、内緒もナイショ。

    • asobo より:

      ルーシー、美味しかったよ。
      マグロをいつもより厚めに切って、あとはソースの材料を混ぜてかけるだけ。
      とてもカンタン、新鮮な九条ネギといっしょに食べると、おいしさパワーアップだ。
      こういうメニューの時は、ひとりでの食事がちょっと寂しい。
      みんなで食べるなら、ほかにもいろいろなメニューがいるね。以前ぼくがシェフ役でやってたクリスマスパーティが懐かしくなった。あのときは、クリスマスが終わるとすぐ、次のクリスマスのメニューを考えていたなぁ。
      あっ、隠し味、きっとルーシーが思っているのが正解だよ。

  12. abend より:

    いろいろと工夫されていて美味しそう^^

    • asobo より:

      あっ、アップしたとたんにコメントをいただいたみたいで、うれしい。
      本当はとてもいいマグロだったので何もしないでいただきたい気もしたけど
      きょうは昼間炎天下をすご~く長く歩いたせいで、からだがしゃきっとする工夫がしたくなってこうなりました。
      Tシャツ一枚になったら肌の白さが気になって、たまには肌にも日射しをと思いながらテクテク。心地良く疲れました。
      きょうは少し贅沢したから、あすはめざしにしようかな。紫蘇を買ってきたから、ハム紫蘇丼もいいなぁ。
      最近そちらでは一家にひとつはあるといわれているたこ焼き器が欲しくなっています。明石焼きが作れたら、もっといいなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中