1048 空はもう秋。

ぼくの育った海にきみを連れて行きたい。夕暮れ時の冷たい潮風を感じたら、くっつきたくなるよ。
 
カテゴリー: ラブレター タグ: , パーマリンク

1048 空はもう秋。 への18件のフィードバック

  1. asobo より:

    ☆ ちえみ☆さん、こんばんは。さっき窓にコツン・コツンと何かがぶつかる音がするベランダに出てみたら、ガラスにぶつかった蝉が数匹おちていた。こんやは夜風がちょっとひんやり。コオロギたちがうるさいくらいの大合唱。天気予報はあすも最高温度35度といってるけど秋は着実に忍び寄ってる。ブログに載ってた山羊は六甲牧場の何ですね。いいなぁ、最後に行ったのはずいぶん前のことだ。レスが遅くなって、ごめんなさい。あすの最高気温は

  2. ちえみ☆ より:

    こんにちわ~こちらは、まだまだ暑いです。空は少しずつ秋を告げているんでしょうね。海や山、自然は素敵ですね(^_^)v

  3. asobo より:

    ・ フォレさん、おはよ~っ♪この夏、大好きな人と海に行ったのかな?フォレさんのところから近い海では、1度九十九里浜に沿って走る道を走ったことがある。夏の終わりだったかな、途中でクルマを降りたあたりの砂浜は、人気がなくてとても素晴らしかった。近ければ、時々ドライブしたいと思う道だったけど、都心の混雑した道を走るのがいやなので行ったのはそのとき1度だけ。もう夕暮れのころはくっつきたくなるような冷たい潮風がふいているんだろうな。ぼくも海は絶対しずかなところがいいと思う。

  4. asobo より:

    ☆ ルーシー、おはよ~っ♪空はグングン高くなっているよね。宇和島は、何をたべてもおいしいよ。ルーシーの好きなカレーうどんもとても美味しい店があって、ここには高松あたりからも食べに来る人がいるらしい。高松に住んでる友達がうどんも宇和島の法がうまいといってたし。といっても、ぼくはカレーうどんは食べたことがないので、カレーうどんに関しては何も言えない。チャンポンもうまいよ。魚もうまい。アジや鯖だって、関アジ関鯖と同じのが普通のアジや鯖としてうられている。食べると美味しくて頬がたれるといわれる「ほうたれ」の刺身もたべさせてあげたい。でも、頬が垂れてもしらないよ。鯖はね、もっと南、ジョン万次郎のふる里、土佐清水の清水鯖が日本一だと思う。

  5. asobo より:

    harada kanami さん、おはよ~♪まだ高速道路が松山まで延びていなかったころけっこうキツイ坂道を越えてから松山に降りていったように記憶しています。あの坂を下りきったあたりなのかな、中高時代の友達があの近くにいるように思います。高校時代の親友の奥さんの実家が近いんじゃないかなぁ。昔、予讃線が伊予灘の法を走っていたときの海の様子をふと思い出しました。宇和島と仙台は親子みたいなもの。正宗の長男が町民とともにやってきたのです。kanamiさんの所に行くと、あののどかな松山弁が聞こえて来るみたいでほっとします。

  6. フォレ より:

    もちろんくっつきたくなりますともっつっ!!冬の海とか好き~♪でも人気の無いプライベートな感じのビーチがいいなぁ♪

  7. ルーシー より:

    雲も空が高く感じられようになってきましたが、日中の温度はまだ真夏のようです。いつか宇和島に行ってみたいと思っています。おいし~いお魚が食べたいです。

  8. kanami より:

    こんばんわ~日中はまだまだ暑いですが、朝晩は、もうすっかり秋の気配ですよ。我が家も海からは遠いので、潮風は受けませんが、きっと宇和海は、穏やかな波で、涼しい風を運んできていると思います。↑仙台と宇和島。私も民謡を始めて知りました。「宇和島さんさ」は全国的にも有名になりましたよ(*^_^*)

  9. asobo より:

    ♪ ほこさん、こんばんは~っ♪ほこさんの住んでるあたりの海岸はリアス式だよね。ぼくの宇和島も海岸線はリアス式。だから湾内はけっこう穏やか。毎年お正月にかつて上司だった方から牡蠣が届く。ほこさんの海は、きっとおいしくて美しい海なんだろうな。いつか行けるといいな。そうそう、伊達家っていうのも宇和島と同じ。宇和島は仙台の人たちがお殿様についてきた街でもあるんだよ。だから八鹿踊りなんかもある。

  10. asobo より:

    ☆ ことさん、こんばんは♪ことしは猛暑のせいでまだしばらくは夏ですね。でも空には鰯雲が見られるし、こちらは夕方になると風が少しさわやかな気分です。船で遠くの島に行くと夕方の帰りの船の甲板では風が冷たくなっていたけど、ことしはまだなのかな。そうか徳島では海は東側、ぼくが育った宇和島の海は西側。秋の気配を感じるのに少しタイミングがずれるのかな。あき、海岸線を走る予定はないのかな。あるといいのに・・・。そのときは、写真をよろしく。

  11. asobo より:

    ☆ koyuki さん、こんばんは♪ゆうべ、仕事でほとんど徹夜状態だったけど3時過ぎにテレビをつけたら、北海道を空から撮った映像が延々と流れていて、しばらく仕事を忘れてうっとり見ていた。雄大なスケール、おおらかな大地や海岸線にゆっくり言ってみたいなと思いながらkoyukiさんをうらやましがっていました。ぼくの育った海は、『世界の中心で愛を叫ぶ』で主人公の亞紀と朔が遊んだ島がある海。あの本に出てきた島は、ぼくにとっていちばん懐かしい海の想い出がある島。リアス式の海岸で、やさしい海です。

  12. asobo より:

    ✿ ちえたん、こんばんは~っ♪きのうは、この雲とは反対側の空に鰯雲がでていたよ。雲を見ながら、小さな鰯を指で3枚におろして、さしみで食べたいなぁなんて、美味しい妄想なんかしていた。東京も毎日35度前後。時々ミイラになるんじゃないかななんて思う。小さな島に遊びに行った帰りの甲板で、潮風に吹かれて凍えそうになったのを思い出す。瀬戸内の海もやさしくてステキだよね。今度四国に帰るときは、瀬戸大橋ではなくしまなみを走ってみたいな。

  13. ほこ より:

    私の海にもおいでね

  14. こと より:

    こんにちは^^いつになたったら、冷たい潮風が吹いてくるのかなあ暑い!!空は、秋の色をしてるのにねえ

  15. koyuki より:

    asoboさんこんにちは~^^だれもいない海~♪沈む夕陽をみながら・・ロマンチックですね~asoboさんの育った海ってどんなかな~(・‿・)こちらも風が秋色ですよ^^。

  16. ちえたん より:

    asoboさん♪ こんにちわ~♪ほんとだ!雲が切れ切れで秋っぽくはなってますねぇ^^でも、ここ数日35℃越えの〇島は、秋はまだまだ先かなぁ^^;;海に連れてってあげて下さいねぇ~大好きな人が育ったところって、見てみたいものですもん (●^o^●)

  17. asobo より:

    昔の 乙女 さん、おはよございます♪海のすぐそばで育ったので、ときどき海が恋しくなります。特にこの季節、朝夕は潮風が時には冷たいくらいに感じることが多くなる。あのひんやりした風の感触がすきだったからか、恋しくなるのなぁ。騒がしくない海に、ぜひ潮風に当たりに遊びに行ってください。そのときはサマーセーターをお忘れなく。

  18. 乙女 より:

    冷たい潮風にあたってみたいわぁ~今日も東京は朝から暑くて34度になってるわ(><)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中