1001 目印は赤と白。

 
横浜の郊外にフライフィッシングが出来る大きな池があるらしい。緑に囲まれた素敵なロケーションなんだって。
で、ある日のぞきに行ったら、ホントだ広々として気持ちいい。しゃれたレストランもあるし・・・早起きして来ようと思った。
虹鱒を釣ってきみにおいしいムニエルをつくってあげたい。いっしょに行って、レストランで食べるのもいいね。
 
カテゴリー: ラブレター パーマリンク

1001 目印は赤と白。 への14件のフィードバック

  1. より:

    うさぎ☆さん、こんばんは。写真の池はキチンと管理されているから安心だけどぼくの好きな渓流は一人で行くといつも危険と背中合わせです。リバーランズスルーイットのお父さんのように、離れた木陰からそっと見まもっていてもらえたら安心です。おにぎり、ぼくの分もおねがいします。あ、弁当には卵焼きもお忘れなく!あ、写真の場所だとレストランで美味しいランチやディナーが楽しめますよ。

  2. うさぎ☆ より:

    asoboさんはフライを私は側でスケッチか写真を撮りたい。後でおいし~い魚をご馳走してください。おにぎり持って行きますからね~~~。

  3. asobo より:

    ちえたん、こんにちは。は~い、いちばん釣りやすいのは虹鱒です。はじめて釣った虹鱒はムニエルにして美味しくいただきました。でも、ぼくは川魚は苦手なので、キャッチ&リリース専門です。頼まれると必要な数だけ持って帰るけど、その日食べられる分だけです。横浜の釣り場ではおしゃれなレストランがあります。釣ったものを料理してもらえるかどうかはわからないけど、釣った後ワインなど飲みながら美味しい料理を楽しむ事もできるみたい。でも、それには飲まない人がいっしょというのが条件ですね。ちえたんは料理上手みたいだから、いいですね。

  4. asobo より:

    沈丁花さん、こんにちは。横浜のはあくまでレッスン洋の釣り場です。とくにぼくは渓流が好きなので流れのない池でつるのはちょっと寂しい。でも、どこにも行かないよりは楽しい。『リバー・ランズ・スルー・イット』の釣りのシーンは、本当にうつくしいですね。あれはブラピではなくスタントマン。アメリカの川でガイドをしている超一流のフィッシャーです。アメリカの大統領彼の何人かは、日本に来たときお忍びで日本の川でフライフィッシングを楽しんでいます。大統領からの公式なおみやげとして、フライフィッシング用のフライロッド(竿)もリストに載っているほど彼らはフライフィッシングが好き。釣りにいくために山に道路を造らせた大統領もいます。ぼくはフライフィッシャーらしいファッションは苦手なので、フェルトの帽子はかぶりません。ただ帽子とメガネは必需品。針でうっかりじぶんやまわりの人を釣ることもあるから。そういう意味では孤独な釣りかもしれません。

  5. asobo より:

    星野 圭子さん、こんばんは。ぼくのまわりにも、ブラピの映画がきっかけでフライフィッシングを始めた人は沢山います。あの映画のキャスティングのシーンは素晴らしいの一語に尽きますね。ずいぶん勉強はされたみたい。まずはフライづくりとキャスティングの練習を!ある程度キャスティングの練習だけはしておかないとまわりの日トンも迷惑だし危険です。ぼくは多摩川の川原でレッスンしました。コメントの様子では、あとは道具を揃えるだけみたい。渓流にいくか、湖に行くかでロッドの選び方が違ってくるので、それだけはしっかり考えておいた方がいいですよ。道具はけっこう高価ですからね。だからといって初心者用のものをかうと、すぐに後悔します。ぢうぐもフライフィッシングの楽しみのひとつですからね。

  6. asobo より:

    ♪ amabileさん、こんにちは。フライフィッシングはステキです。どの川に行くかがきまったら、まず天気をチェックその日に現れるであろう虫を予測してのフライづくりからスタートです。虫の予測がはずれたら釣果は悲惨になるかも。でもそうした作戦を考えることもフライをやる「醍醐味です。そのぶんいっぱい勉強もしないといけません。でも、ぼくのまわりには女性のフライフィッシャーもたくさん。ただ、針は凶器にもなるので、投げるときは最新の注意が必要です、ご用心。

  7. asobo より:

    LEGOさん、こんにちは。夜空の星や月を見るのはぼくも大好き。昼も夜も空を見上げない日はないよ。ぼくの部屋からは床に転がっていても大きな空が見えるしね。といっても、ここから空を見るときはぼくひとり。LEGOは彼といっしょでよかったね。ふふふ、まさかと思うだろうけど、ぼくの部屋は女性の入室禁止です。

  8. asobo より:

    naoさん、こんにちは。海釣りはいいですね、釣った魚がとてもおいしい。海のそばで育ったぼくは、淡水魚はなぜか食べる気になりません。フライフィッシングは、どちらかというと見える魚がターゲット。魚とどうやりとりするかそれなりの楽しさがあるんです。機会があればぜひ!海や湖には人の心を癒す不思議なチカラがあるよね。ぼくの大好きは渓流です。

  9. ちえたん より:

    asoboさん♪ こんばんわ^^虹鱒ですか?釣堀でしか釣ったことないけど・・・・・^^;;釣った後、そこの食堂で調理して食べさせてくれるのですが美味しいんですよね^^asoboさん料理上手だから、美味しいムニエルが出来そうねっ(^_-)-☆

  10. 沈丁花 より:

    こんばんは。1001回という、また記念すべき新たなスタートの日!ですね。横浜近郊にそんないいところがあるとは知りませんでした。『リバー・ランズ・スルー・イット』の釣りのシーン。綺麗でした。少年たちの釣り糸が生き物のようにきらきら輝きながらのびていく…。フライ作りも楽しそう。asoboさんも、毛鉤で飾ったフェルト帽をおかぶりになるのかしら?

  11. より:

    ブラピの映画を見て以来、フライフィッシングにあこがれています。いろいろ本だけは読みましたが、とても知的なスポーツのようですね。やっぱりやってみたくなりました。フライの作り方や針の付け方などを書いた本は買ってあるので、しっかり読んでみようと思います。

  12. amabile より:

    フライフィッシングが大好きなasoboさんにはワクワクなスポットですね。たまには、大好きな事でリフレッシュもいいですね~。私もやってみたいです!エィ!シュワッ♪ね、上手でしょう(笑)

  13. LEGO より:

    LEGOは先日田舎で夜空を眺めました♪それはもう異常なくらい星が出てて・・・LEGOは彼と一緒に転がって空を見上げて本当に癒されました。星はいいです☆空気もきれいで幸せでした^^つりもいいですね♪星もお勧めです^^

  14. nao より:

    asoboさんこんばんわ。釣り 楽しいですよね。私は海釣りしかしたことがないのですけど 何が釣れるかわからないドキドキ感がいいです。昔 琵琶湖のほとりに住んでいたころは たくさんの人が琵琶湖でボートに乗って 釣りをしていました。ぼんやり 湖面を眺めながら 過ごす時間もいいなぁ って思います。お休みの日に ゆっくり お過ごしください☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中