477 昇る朝日といっしょに散歩

街のあちこちで出会う花の気分は南の楽園。
きみと南の島に行きたくなった。
カテゴリー: asobo パーマリンク

477 昇る朝日といっしょに散歩 への10件のフィードバック

  1. asobo より:

    わたしのきろくさん、こんにちは。
    きれいな花たちでしょう。見ているだけで、
    南の島に行きたくなったよ。花たちにぼくの心を
    盗まれたみたい!
    大好きな人がいっしょなら、南の島に行かなくても
    心はぽかぽかだよね。
    そちらの春はどうですか?
     

  2. Rie より:

    お花を見ているだけで、気持ちが南の島へ飛んで行っちゃうみたい!
    もっともっと季節の動きに目を向けてみたくなる。良い季節だよね。
    大好きな人と暖かい日差しの中でのんびりしたいなぁ。

  3. asobo より:

    ベティさん、こんにちは。
    プエルトリコにはまた行ってみたい。
    でも、この日の朝にイメージしたのはタヒチです。
    なぜ、行ったことのないタヒチをイメージしたのかはわかりません。
    タヒチをイメージしながら、なぜか「ユア・ソング」を口ずさんでいました。
    ふふふ、へんだね。

  4. asobo より:

    ポテトさん、こんにちは。
    なぜか、一度も行ったことのないタヒチです。
    ゴーギャンにでもなった気分。高校時代に読んだ
    「ノアノア」と「月と6ペンス」を思い出し、久しぶりに
    読み返したいなと思っていました。
    エールフランスに乗って行ってみたいな。

  5. asobo より:

    アメリ・アメリ、こんにちは。
    確かにぼくも小学生のころはじぶんの膝小僧とかをよく見ていたなぁ。
    小さな雑草の美しさに見とれていた思い出もいっぱい。
    アメリさんに言われて気づいたことがいっぱい。
    ぼくのほうこそ、ありがとうです。
    これからも、すてきなコメントを楽しみにしてる!

  6. ポテト より:

    ホントに南国の花みたい。
    asoboさんの想像した南国ってどこだろうな。
    ポテトです。

  7. ポテト より:

    幼かったころは、自分の足の下にあるものや
    自分の膝小僧、また自分の街のどこにどんな犬や猫がいて
    どの家にはどんな木や花があるかをよく知っていたような気がします。
    なのに、いまでは、足もとにあるものや、自分の膝小僧のことも
    幼い頃に比べたら、遠い世界のことのように思います。
    でも、asoboさんのところにくるようになって
    また身近なことに目を向ける楽しさを思う出したような気がするよ。
    ありがとうね、asoboさん。
    アメリも時々はいいこというでしょう。
     

  8. asobo より:

    芋きんつばさん、こんばんは。
    ぼくは花の名前をまるで知らなくて、
    自分の撮った花の名前もわかりません。
    きょうの散歩は少し風があったけど天気は心地よかったです。
    でも、風が花を揺らすので、思ったほどシャッターを押せなかったのが残念。
    でも帰りにおいしいそば屋さんも見つけられたしご機嫌です。
    芋きんつばさんの写真がおいしそうなのは、
    芋きんつばさんが食いしん坊だからかな?

  9. ぴとぴん より:

    黄色い花が好き。これはバラかな?
    今日は暖かくて、散歩するasoboさんもお花も気持ち良い一日だったのでは?

    どれも可愛い花ですね。
    わたしの撮る花の写真は、たいてい「美味しそうだ」と言われます・・・なぜだろう?
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中