295 桜を受け止めた椿のように・・・

ぼくも、きみを、やさしくナイスキャッチできるかな。
カテゴリー: asobo パーマリンク

295 桜を受け止めた椿のように・・・ への16件のフィードバック

  1. asobo より:

    気まぐれ屋、猫を被っていたのは、
    はなからお見通しだったぜ!
    ふふふ、それにしてもそそっかしいとはのぉ。

  2. 気まぐれ猫 より:

    こんばんは☆
    きゃぁ~、スイマセン!!
    って、だいぶ前の記事にコメントのお返しで
    またまたスイマセン!!
    私、勘違いしてましたね(苦笑)
    フフフ、とうとうasoboさんに
    「そそっかしい」のがバレちゃいました☆
     

  3. asobo より:

    きみこさん、こんばんは。
    椿はうちのマンションの中にもあって、きれいな花を咲かせています。
    ぼくが育った街の中央にある城山の椿とは少し種類が違うみたい。
    子どものころ、椿の花をとって、花の後ろからチュッと吸ったときの、ほのかに甘い蜜の甘さが懐かしいです。
     

  4. kimiko より:

    椿はネ・・・
    もうそこまで春が来てるからネ
    もう直ぐ暖かい春が来るからネ
    って言ってる花です。毎年椿が咲くと
    この寒さも もう少し・・・って安心します。
     
    その上に桜なんて・・・す・て・き・・・
    きっと安心して、身を委ねられたろうな~
     
    花はね、見られる為に咲いているのでは無く
    生きる為に 咲いているのだと、再認識しました。
    自生している花もステキだけど
    気付くasoboさんも ステキ・・・

  5. asobo より:

    SiBさん、日本の侍映画の名作揃いですね。
    黒沢の侍映画は「7人の侍」がベスト。次に機会があれば、スクリーンでどうぞ。
    座頭市は第一作目がベスト。「三匹の侍」はテレビから派生した映画だったかな。
    古い日本映画の名作は、DVDなどが高いのでなかなか手が出せないのが困ります。
    ぼくは物心ついたころから映画館に入り浸り。いまも、昔々の映画が好きで、ビデオがない映画のことは本を読んで勉強しています。
    ぼくがもの心つきたときからの映画ファン。幼稚園に入る前から字幕OKで洋画をメインに見ていました。子どものころは、週に3~4日は映画館に通っていました。
    いいなぁ、近くに映画館があるなんて。またひとる、うらやましいがふえました。
     
     

  6. SiB より:

    「用心棒」は先週見ました。桑畑三十郎でした^^
    三船さんの肩でものをいう演技と歩き方、そしてその渋さに
    日本男児の真髄をみました(笑)かっこよかったです。
    アメリカ人の友達が、「用心棒以降、ハリウッドのヒーロー像が完全に変わってしまった。ヒーローは完璧でならなきゃいけなかった。残忍でありながら、人間味をあるキャラクターにハリウッドはショックをうけたんだ。」と。クロサワ映画恐るべしですね。
    「斬る」の仲代達也もかっこよかったです!座頭市も3作くらいやってましたがこれは見逃しました;
     
    他にも「7人の侍」「蜘蛛の巣城」「隠し砦の三悪人」「大菩薩峠」「三匹の侍」etc…やってました。2週間で16本の侍映画。侍づくしです!全部見たかったんですけど、そうもいかず。次回何かの機会のときにとっておきます!(この映画館は外国映画ばかりやってるんですよ。お家のすぐ近くです!ふふ。)
     

  7. asobo より:

    ぴとぴんさん、本気でジャンプするんだもんなぁ。
    ひゃ~っ、元気!びっくりしたけど、ちゃあ~んと、ナイスキャッチ。
    でも、ぎっくり腰ならぬびっくり腰になったかも。
    う~ん、きたえなくっちゃぁ。
    *ほんの少し、ダイエットもよろしく・・・。

  8. ぴとぴん より:

    ((((((((((o(^o^)o)))))))))) ド!ド!ド!ド!ド!ッ!
     
    ぴょ~~~ん!ε=ε=ε=(ノ^o^)ノ
     
     
    ・・・あ゛・・・重いですか?
     
    失礼しました
     
     

  9. asobo より:

    ひろパンダ☆、こんばんは。
    ステキな笑顔はこどもたちがいちばん。いつもいっしょにいる子どもたちに、笑顔の磨き方を教えてもらいましょう。
    笑顔の先生は生徒たちだなんて、うらやましいな。

  10. Hiromi より:

    ありがとうございます。
    そう言ってもらえると、もっともっと元気になって
    笑顔になれます。
    優しさの真意・・・難しいけれど、
    追求していくことで、ほんまの思いやりや
    優しさがみについていくといいなぁ・・・。
     

  11. asobo より:

    ひろパンダ☆こんにちは。
    ほんとはあまりやさしくないかもデス。反省しながら、やさしくふるまっているのかも。
    いつもやさしい人でいたいけど、やさしくふるまい=良いといいきれない時もあるでしょう。
    人と人の関係って難しいですね。厳しくすることが大切な時もあるしね。
    やさしくないじぶんを感じるとき、心が痛くなってだれかをきゅ~っとしたくなったり、きゅ~っとされたくなったりします。それが、「きみに」に反映されているのかな。
    ひろパンダ☆の元気と笑顔こそ、ほんとうのやさしさの証しです。

  12. asobo より:

    気まぐれ猫さん、ごめん。
    コトバ足らずで間違う人もいそうだなぁと思ったら、やっぱりいました。
    もともとは、「舞い落ちる桜の花をやさしく受け止めてくれる椿の葉のクッションのように、ぼくもきみをやさしくナイスキャチしたい」だったんです。短くしすぎたせいで、桜の花びらを椿と間違わせてしまったね、ごめん。
    でも、猫さんのいいたいことはよ~くわかったよ。
    猫さんを真っ赤に染める人、早くでてくるといいね。あせることはないけど、そう遠くない日にでてきそうな予感がするなぁ。
    その時は超うれしがってるコメントを書きにきて!
    学生生活もがんばって!
     

  13. Hiromi より:

    asoboさんは、いつも優しい気持ちでいれる
    人なんだんぁってほんまに尊敬して
    いつも読ませてもらってます。
    なんでいつもこんなに温かいのかなぁ・・・
    ほんまに素敵です!!
    私も元気と笑顔に、プラスasoboさんのような
    柔らかさを追求しよう・・・笑

  14. 気まぐれ猫 より:

    こんにちは☆気まぐれ猫です。
    ここにはいつもasoboさんの一日、一日が
    凝縮されていて、秘密のお部屋に
    こっそりと遊びにいく気持ちでいます♪
    真っ白な椿☆
    新しいスタートを切る今の時期には
    ぴったりな色ですね!!
    とはいえ、スタート時はいつも悩みを抱えた人が多くて、
    なんだか私もひっきりなしの相談で大変な季節です。
    「何にも染まらない、無垢な白。」
    時には自分を抑えて周囲や大人の事情に
    あわせなければならないことが多くても、
    私はいつも心の中にそんな「何にも染まらないところ」
    を持ち続けていたいな、なんて思っていたり。
    そんな、まだまだ大人未満な私です(笑)
    だけどこの白を「真っ赤な恋色」に染める人が現れるのも
    悪くないなぁなんて、やっぱり女心は気まぐれなのかも♪

  15. asobo より:

    SiBさん、いい映画を見ましたね。
    椿三十郎の前作、「用心棒」はご覧になりましたか?クリント・イーストウッドで西部劇に、ブルース・ウイリスでギャング映画にリメイクされた名作。ますイントロで度肝をぬいてくれます。
    このときのは三船は、桑畑三十郎と名乗っていたかな。最後の決闘シーンは椿をはるかに凌ぎます。
    座頭市も1作目は渋くて凄い。これは森一生監督だったかな。
    黒沢の「7人の侍」は凄いを超えてる。後半の戦闘シーンで印象的に流れる曲も哀愁があってなかせてくれます。黒沢では「隠し砦の三悪人」にでてくる二人組は、スターウォーズにでてくるふたつのロボットの原形、凄いでしょう。カナダの友達に自慢してください。
    他にどんな侍映画が上映されたんだろう。ぼくも見に行きたかったなぁ。
    日本映画には世界に通用する作品がいっぱいあります。小津安二郎の無声映画なんかまるでフランス映画です。何年か前はじめてみたとき、激しくショックをうけました。
    あ~、映画の話となるととまらなくなってしまいます。
    また、絵も見せてください。楽しみにしています。
     

  16. Shiho より:

    さっき、クロサワ映画の「椿三十郎」を見てきたばかりです。
    椿はとても印象的でした。偶然だ~。
     
    ここ2週間くらい「侍」映画特集で、かなりの数の侍映画
    がここで放映されました。全部で3本見ましたが、いつも
    お客さんがいっぱいなのにびっくりです。
    どれも渋く楽しくかっこよく情けなく、日本の映画も捨てた
    ものではありませんでしたよ。
     
    とても素敵な写真ですね。asoboさんらしい。
    絵は毎日描いてますよ^^CGより好きかもです。ふふ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中