月別アーカイブ: 2005年2月

024 胸いっぱいの愛を。

星よりも月よりも、きみはぼくのいちばん。           ☆☆☆

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

023 日射しが柔らかいテラスで。

ぼくはいま、F.サガンの「愛は束縛」を読んでいます。

カテゴリー: きみに。 | 3件のコメント

022 冷たい北風が、ぼくにささやく。

世界を凍らせてあげるから、彼女を抱きしめて暖めておやり。    ☆

カテゴリー: 未分類 | 7件のコメント

021 天使がぼくの耳もとで・・・。

愛しあっていても、結ばれない恋もあるんだよ。                ☆

カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

020 きみを思いながら大塚愛をくちずさむ。

♪もっと~、もっと~、大好きだ~よ。

カテゴリー: きみに。 | 2件のコメント

019 好きなだけじゃ、イヤ!

likeとloveの違いを教えてくれたのは、きみです。    ☆☆☆

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

018 悲しい目をしたキューピッドがいった。

あなたのために使える矢は もうないの。          ☆

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

017 夢であえたら。

♪ ホ~ルド・ミ~、 スリル・ミ~、キス・ミ~

カテゴリー: きみに。 | 5件のコメント

016 痛い。

きみは、ぼくをせつなくさせるのが うまい。          ☆☆☆

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

015 いつも。

きみが輝いて見えるとき、ぼくは胸が痛くなる。     ☆☆☆

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

014 バギューン!

きみは ぼくを しとめた。     ☆☆☆

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

013 いけない きみへ。

おどけたって、許してあげないよ。

カテゴリー: キース | 2件のコメント